テイスティングの概要

テイスティングとは、飲料水の外観、色、香り、舌触りなどをチェックして鑑定すること、味聞きのことです。または試飲を指すこともあります。

テイスティングの詳細

飲料水の中でも、味が複雑なアルコール類によく行われます。
一般的に私たちが経験する機会としては、レストランで食事をする際にワインのテイスティングを求められるときでしょう。腐敗・劣化などがないか客自身が確認します。
また、素人にはなかなか判別しがたい・言葉にしがたい酒の特性を、客観的・的確に分析して表現し、人に伝えることのできるテイスティングのプロもいます。
本来は「味見」の意味なので、飲料水だけではなく食べ物にも行われることがあります。

テイスティングのはじめ方

いつでも始めたい時に、味聞きとしてゲーム感覚で楽しむことが出来ます。水や日本酒、ワインなど、作っているメーカーが多いものがオススメです。とにかくたくさん味わって、それぞれの違いが分かるようになるまで自分の感覚を研ぎ澄ませる練習を積みましょう。
本格的にテイスティングを得意とするなら、その道のプロになることも可能です。需要のあるワインや日本酒などがオススメですが、まだ開拓されていない分野でテイスティングのトップになるのも大きな可能性の一つでしょう。

「テイスティング」の動画一覧