Loadingお気に入り趣味に追加する

水上スキー概要

水上スキーの概要は、スキーの要領でスキー板の上に立つというだけです。スキーをしている人なら分かるかもしれませんが、実はスキー板はかなり安定しているので、特に慣れてしまえばそんなに難しいことはありません。

大きな波が来ると難しくなったりしますが、波を立てるのはボート自体なので、ボートのスピードを調節してもらえばそんなに難しくありません。

水上スキー始め方

水上スキーの始め方は、やはり教室で申し込むのが良いかもしれません。友達同士でボートを借り手というようなことも出来ますが、何をどうすればいいのか分からないことも多いでしょうから、

まずは教室で学んでそれから楽しいと思えば自分たちで借りてするようにするというのが一般的な流れといってもいいでしょう。教室ではコツも教えてもらえるため安心でもあります。

海って深いしもし転倒してしまったら・・・

水の上が不安という人もいますが、ライフジャケットを着るため、実はそんな心配はいりません。引っ張られている紐を離すと、水の上に置き去りにされ、その間はライフジャケットのおかげでぷかぷかと浮いていることしか出来ません。

この時に自由に泳げるというイメージを持っているかもしれませんが、実はそんなこともありません。いわば浮き輪が服の下に入っていて、これで浮いているような状態ですから、そんなに自由に動けるようなものではないのです。

ぷかぷかと浮いているとボートが戻ってくるので、ボートの紐を投げてもらって、それを受け取って、また水上スキーを楽しむ事になります。

水上スキーの魅力

水上スキーの魅力はなんといっても水の上に立つという、日常ではまず得られない感覚を得られることです。それも風を受けながら、ある意味では不安定な状態で、

走りつつ水の上を爽快に走っていくことになります。これはかなり気持ちがいいものです。実際にやってみると病みつきになることがわかるでしょう。

スキーやスノーボードでは味わえないスリル

スキーやスノーボードも爽快感を味わえるのですが、これは自分でスピードを制御できるので、ある意味ではこれが安心感につながり、慣れればそんなにリスクを感じないようになります。バランスを少しぐらい崩しても自分でスピードを落とすことで、姿勢を立て直せることも分かってきます。

ですが、水上スキーとなると、自分でスピードを制御することは出来ません。これがある意味ではたまらない不安定さを助長させてくれることになります。

この状態は、ジェットコースターのようなものに似ているかもしれません。自分でスピードが調節できないので、出来る事はバランスをとることだけという事になっているのです。

ジェットコースターは自分でバランスを取るような事は出来ないので、ここが大きく異なることにはなりますが、それだけスリルを楽しむことが出来るということになるわけです。スリルを感じたいという人にはお勧めかもしれません。

とはいっても、上記のように慣れてしまえば、スキー板は実はバランスをとるにはとてもやりやすい道具ですから、特に難しいことではないことがわかるはずです。足元の水が波でどんどんと撥ねる感触があるので、この振動をいかに足で殺していくことが出来るのかがカギということも分かってくるでしょう。

実際には膝でこの衝撃を殺していくのがテクニックとなり、最初は緊張しているので、どうしても力が入ってしまい、なかなかこの衝撃を吸収することが出来ないのですが、それがまた面白いところでもあります。水上スキーはこの不安定な状態を楽しむ競技と言えるでしょう。

Loadingお気に入り趣味に追加する
レビューを投稿
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを投稿する

「風を受けながら水の上に立つ「水上スキー」」の関連商品一覧

「風を受けながら水の上に立つ「水上スキー」」の動画一覧

お気に入り趣味ランキング

  • インスタグラム
    若い女性の方からお年寄りのかた、今では誰もが知っているといっても過言ではないインスタグラム。 ...
    詳しく見る
  • 現実とは違う世界観「アニメ鑑賞」
    アニメ鑑賞概要 アニメ鑑賞概要ですが、主にテレビ作品やインターネット上でのオリジナルアニメを楽しむ...
    詳しく見る
  • 一人でも夢中になれる「ゴルフ」
    ゴルフ概要 ゴルフ概要ですが、ゴルフクラブを利用して球を飛ばし、グリーンにある穴に球を入れるゲーム...
    詳しく見る
  • 女子力際立つ「アクセサリー作り」
    アクセサリー作り概要 アクセサリーとは、洋服等に合わせてつける装飾品の1つです。 アクセサリーに...
    詳しく見る
  • 眺めているだけでも楽しめる「ハーバリウム」
    ハーバリウム概要 ハーバリウムとは、押し花等を含めた植物標本をさす言葉で、近頃ではドライフラワーや...
    詳しく見る
  • アイシングクッキー
    アイシングクッキー概要 粉砂糖や卵白を混ぜて作ったアイシングで、クッキーの表面をデコレーションした...
    詳しく見る
  • 個性が光る「折り紙」
    折り紙の概要 1枚の紙を切ったり貼ったりすることなく、立体的な模型にしてしまう日本の伝統的な芸術で...
    詳しく見る
  • 鉛筆1本でセンスを磨ける「デッサン」
    デッサンの概要 デッサンは、モノの輪郭や特徴をとらえ、それを鉛筆やパステル、木炭などで平面に描いて...
    詳しく見る
  • 精神能力を研ぎ澄ます「弓道」
    弓道の概要 弓道は、和弓で矢をうって的にあてるスポーツです。 的にあてるためには集中力と精神統一...
    詳しく見る
  • 資格取得で自分に自身がもてる「資格取得」
    資格取得の概要 日本には国家資格から民間資格まで、いろいろな資格が存在し、これを取得することで自分...
    詳しく見る
  • 毎日歩いて健康に!「ウォーキング」
    ウォーキング概要 ウォーキングは健康ブームの後押しもあって3人に1人が定期的に実施していると言われ...
    詳しく見る
  • 豊かな音で聴く人を魅了する「トランペット」
    トランペットの概要 おもにオーケストラで利用される、3つのピストンを使って音を奏でる金管楽器です。...
    詳しく見る
  • センスを形にしよう「手芸・ハンドクラフト」
    手芸・ハンドクラフトの概要 財布やアクセサリー、ぬいぐるみなど、世界に1つだけのオリジナル作品を作り...
    詳しく見る
  • 趣味にするだけで女子力アップ!「お菓子作り」
    お菓子作りの概要 その名の通り、お菓子を作ることを趣味としたものです。 自分の好きなものを作り、食...
    詳しく見る
  • 時間や場所を選ばず好きなタイミングで楽しめる「ドライブ」
    ドライブ概要 趣味におけるドライブ概要は、自動車を運転して出かけることをドライブといい、走りながら景...
    詳しく見る
  • 字を書く習慣が減ってきた今だから覚えたい「ボールペン字」
    ボールペン字の概要 ボールペン字は、硬筆の一種であるボールペンを使って字を上手に書くことを目的とした...
    詳しく見る
  • 毎日の頭の体操に「ルービックキューブ」
    ルービックキューブの概要 ルービックキューブは、3×3の面が6面で構成された立方体のパズルゲームです...
    詳しく見る
  • 特徴を見抜け「ものまね」
    ものまねの概要 ものまねとは、もの、人、動物のまねを声や体を使い表現することです。良く観察しなりきる...
    詳しく見る
  • 水しぶきを浴びながら激流を下ることでスリル感が体感できる「ラフティング」
    ラフティングの概要 ラフティング(rafting)とは、ラフト(いかだ)を使用して川下りを楽しむ人...
    詳しく見る
  • 上手くいかないだから楽しい「ビリヤード」
    ビリヤードの概要 ビリヤードとは、専用のテーブルの上で、「キュー」と呼ばれる棒でボールを付き、テー...
    詳しく見る