腹話術の概要

腹話術とは、唇を閉じたまま音声を発する・喋る芸のことです。一般的には、人形などを傍らに用意し、人形が喋っているように見せかけます。

腹話術の詳細

腹話術の歴史は長く、もともとは占い師などが用いる神秘的な能力としての存在でした。意外にもその歴史は壮絶です。時代が移り変わり、じょじょに娯楽として受け入れられるようになると、素晴らしい技術を必要とする芸として広まり、数々の有名な腹話術師が生まれます。
実際には唇は完全に閉じられているわけではなく、音声を漏らすために必要最低限開かれています。もちろん視聴者にはそれと分からない程度です。あるいは、あえて笑顔になって思い切り歯を見せて腹話術を行う腹話術師もおり、方法は人それぞれです。

腹話術のはじめ方

今すぐに始められる趣味です。動画やテクニック本などを見て日々練習し、技術を磨くのみ。日本には「日本腹話術師協会」という特定非営利活動法人もありますので入会するとさらなる技術の向上に繋がるかと思われます。
また、パートナーとなる人形も腹話術を行うにあたって需要な要素です。アメリカで大人気だった腹話術師エドガー・バーゲンが用いていた人形のチャーリーは、歴史上最も有名な人形として名を馳せるほど。
苦楽をともにする一生の友人としてパートナー選びも楽しんで下さい。

おすすめの記事