テディベアの概要

テディベアとはクマをモデルにしたヌイグルミのことです。テディ(Teddy)とはエドワード(Edward)、セオドア(Theodore)の名前の愛称であり、テディベアの”テディ”は第28代アメリカ合衆国大統領セオドア・ルーズベルトに由来しています。

テディベアの詳細

ルーズベルト大統領が熊狩りに出かけた時、彼は一頭も獲物を仕留めることができませんでした。そこで同行していたハンターが彼のために用意した弱った熊を撃ち取らせようとしましたが、彼はそれを拒否しました。この話をもとに、ロシアからの移民モリス・ミットムがクマのヌイグルミを製造して「テディベア」と名付けて販売したところ大反響を呼んだということです。
クマのヌイグルミ自体は既に先だってドイツの会社であるシュタイフ社が製造を行っていました。これがルーズベルトの話とは無関係にアメリカから大量に注文を受け、一躍世界に広がりました。

テディベアのはじめ方

テディベアの自分を屈託なく見つめる愛くるしい瞳に世界中の人が虜になっています。作り手や製造元によりその表情は様々。立ったり、座っていたり、季節に合わせた洋服を着ているものもあります。使用される生地の素材も様々で、その肌触りもテディベアを選ぶときの着目点です。一体一体に個性が出るぬいぐるみの最たるものでしょう。収集には最適です。
ネットサイトにて素材やパーツを全て自分で選択でき、自分だけのテディベアを作ることのできるサービスもあります。ぜひ活用してみましょう。

おすすめの記事