写経の概要

写経とは、仏教の経典を書き写すことです。
うがい・手洗い等を済ませ、周囲の環境を清潔に整えてから、写経用紙に筆で経典を書き写していきます。守るべき作法がいくつかありますので、そちらを把握してから写経を始めましょう。

写経の詳細

もともと印刷技術がなかった時代に、経典を普及させる方法として写経が生まれました。
無心になり、集中して行うものなので、集中力アップや精神安定などに効果があると言われています。
宗派により経典が異なりますが、『般若心経』や『観音経』が一般的です。

写経のはじめ方

経典はお寺で頂いたり、大きな文具店でも書籍として販売していますので、まずはそちらから見本を手に入れましょう。道具は写経用紙、筆、墨、硯が必要です。筆は筆ペンでも構いません。これらがセットになった写経セットも販売されています。
まずは下にお手本を引いて、上からなぞる模写からが始めやすいでしょう。
上手に書こうと思う必要はありません。一字一字、心を込めて丁寧に書きましょう。

おすすめの記事