スラックラインの概要

スラックラインとは、二点間に専用のラインを張り渡してその上で運動を行うスポーツです。簡単に言うと綱渡りのことです。

スラックラインの詳細

ラインの長さは短く、基本的には10メートルほどで、高さも低く張るので安全です。歩いたり、座ったり、ジャンプなどの動作を楽しみます。もちろん人によっては長さと高さはお好みです。運動効果が高いため、トレーニングやダイエットを目的として使用されることもしばしば。

スラックラインのはじめ方

専用のラインと、ラインを木などにしっかり結びつけて固定するための器具(ラチェット)、ツリーウェアと呼ばれる木を保護するための布を購入すれば、あとは公園など広い場所、そしてなるべく地面が土や芝生などの柔らかい場所に設置して、乗るだけ。早い人であれば数時間である程度歩くことができるようになりますが、基本的に根気のいる練習です。最初は「乗れた!」と気軽に楽しむことから始めましょう。
プロのスラックライナーは歩くだけでなく宙返りや、座りながらの回転、脚ではなく体を使って跳ねるなど、様々なトリックを用いて観客を魅了します。まさに「すごい!」の一言。ぜひ動画をチェックしてスラックラインの魅力にあなたもとりつかれてみてください。

おすすめの記事