日焼けの概要

日焼けとは、紫外線を肌に浴びることにより肌が赤く炎症(サンバーン)を起こすことを言いますが、日焼けを趣味とする場合は、ファッションとして意図的に肌を小麦色にすることが目的です。

日焼けの詳細

肌を小麦色にすると、その外観から裕福である印象を受けたり、健康的に見えるため、日焼けを好んで行う人は男女共に多いです。また、日焼けはビタミンDを形成する効果もあります。

日焼けのはじめ方

太陽が見えている昼間に外に出てじっとしているだけで肌は焼けます。夏であれば海で日焼けをしている人が多く見られます。
あるいは、人工的に紫外線を浴びることのできる日焼けサロンに行くとよいでしょう。

しかし、日焼けをする場合には、肌に炎症が起こらないように対処する必要があります。きちんと対処を行わないと酷い火傷になる可能性もありますので注意しましょう。日光浴の時間を適切なものに定めなければなりませんし、日焼け後の肌の保湿も不可欠です。さらに過度の日焼けは皮膚癌やシミ・そばかすなどの影響もあるとされますので、充分に気をつけて行いましょう。
しかし太陽光は人間にとって必要なものです。過度なものでなければ一日に一度は日光を体に浴びるようにした方がよいでしょう。

「日焼け」の動画一覧