スクラップブックの概要

スクラップブックは、新聞や雑誌の切り抜き、写真やイラストなどを専用の帳面に貼り付けて保存する趣味です。
興味のある新聞記事や雑誌の切り抜きを貼り付けて、後で見返したり、イラストや写真を貼り付けて資料にしたり、貼り付けるものによって様々な用途で利用できます。
写真を貼り付ける際に、その場所の植物を摘んで一緒に挟んだりとか、その日の新聞記事を一緒に貼り付けたりとか、アルバムよりもオリジナリティのあるものを作れるのもスクラップブックの特徴です。

スクラップブックの詳細

インターネットで記事を見つけ、それをパソコン上に保存することで情報を収集したり、写真を保存したりすることは可能です。いちいち記事を切り抜いて貼り付けるアナログな作業を必要とするスクラップブックはそれに比べると効率が悪いかも知れません。
しかし、スクラップブックで情報を保存すると、視覚的にも楽しめますし、パラパラとめくっている最中に目的とは違う情報が見つかって、思わぬ発見ができることもあります。
アルバムとして利用する場合は、写真以外のものも貼り付けられるので、パソコン上に保存するだけでは不可能なアルバムをつくることができます。

スクラップブックのはじめ方

スクラップブックと、のりとハサミがあればすぐに始められます。
スクラップブックはサイズにもよりますがだいたい1冊500円ほどで買えます。
初めはそこまで深くこだわらずに貼れそうなものをペタペタ貼っていくと、大まかな方向性が定まっていくと思います。

おすすめの記事