Loadingお気に入り趣味に追加する

刺繍概要

刺繍概要としては、布の上に刺繍糸で縫うことによってさまざまな絵柄や文字などを糸によって表現する技術のことになります。刺繍の魅力としては、無地の一枚の布であったりシンプルな洋服であっても、ミシンを使わずに手縫いで手軽に文字や柄を入れることができるという点にあります。

刺繍を施したものを一枚の布として作品を作っている人もいますが、そうなると縫製の技術が必要になってきます。

洋服など大きなものになるとミシンが必要になりますが、既製品の洋服やハンカチなどのアイテムから活用して刺繍をしてみることもできるので、より手軽にオリジナル性を高めることができます。

無地のものに全面刺繍を施してみれば、最初から柄物であったかのように作り上げることも可能ですが、ワンポイントだけであれば初心者の人でも短時間で完成させることができます。用意するのは針と糸だけなので予算もかからず始めやすい趣味となります。

刺繍の始め方

刺繍の始め方として、まずは道具を揃えることが欠かせません。刺繍用の糸は、光沢感のある専用の刺繍糸が販売されています。

さまざまなメーカーから販売されており、日本のメーカーだけでなくフランス刺繍が有名なフランスからなど海外メーカーからの輸入品も多くあります。

糸の種類やカラーバリエーションが豊富

それぞれにその国ならではの色味もあり、何百種類ものカラーバリエーションを揃えているメーカーもあります。赤一色であっても幅広い赤の色味が用意されているので、赤だけでグラデーションや影を付けた絵柄を作ることもできます。

絵画が得意な人であれば、絵筆から針に持ちかえてみることで布にも刺繍を描くことができる楽しみがあり、絵の具で手が汚れてしまうこともなく狭い場所でも気軽に作れます。

一般的な手縫い用の糸となると、紙の台紙に一本の糸がぐるぐると巻き付けられていることになります。しかし、刺繍用の糸となると土台となる台紙がなく、ただ6本の糸の束が折りたたまれたような状態で販売されています。

ここから、必要な本数を抜き取って使うことになります。6本の束をそのまま使うとなると、ふんわりとしたボリューム感を出すことができます。

フエルトなどのふんわりとした生地に使用する場合には、糸が生地にめり込んでしまうことから本数を多めにして使うことになるのですが、一般的には2本もしくは3本を取って使うことになります。

一枚の図柄の中でも部分的に糸の本数を変えてみると、本数が多い場所だけふっくらと見せることができるなど凹凸によって絵柄を引き立てることができます。

布製品に絵柄や文字を入れたいという場合、プリントをするというのも一つの手段です。しかし、刺繍であれば平面的なプリントとは違う立体感を持たせることができ、さらにその中でも糸の本数によってもさらなる立体感を出したりアレンジのしがいがあります。

糸に合わせて用意しておきたい針では、何本もの糸を通すことになるので縦長の糸通し口のある刺繍専用の針を用意しておきます。針の長さや太さにもバリエーションがありますが、緻密に織られた薄手の生地の場合には、細めの針を用意しておくと布に針が通った穴が開き過ぎることがありません。

刺繍の魅力

刺繍は、単に糸を並べて絵柄を作るだけでなく、さまざまな技法があります。一本の線を描きたいという場合、なみ縫いのようにするランニングステッチでもラインを作ることができます。しかし、ネックレスのチェーンのように鎖形に縫って一本の線にすることもできます。

刺繍は飽きることがない!?

このように、一つの図案でもさまざまなステッチの方法があるので、同じ図案でもう一度作ったとしても違う方法で行ってみたりすると飽きることがありません。つまり、刺繍は趣味としてもずっと楽しむことができることになります。

Loadingお気に入り趣味に追加する
レビューを投稿
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを投稿する

「何度やっても飽きがこない「刺繍」」の動画一覧

お気に入り趣味ランキング

  • インスタグラム
    若い女性の方からお年寄りのかた、今では誰もが知っているといっても過言ではないインスタグラム。 ...
    詳しく見る
  • 現実とは違う世界観「アニメ鑑賞」
    アニメ鑑賞概要 アニメ鑑賞概要ですが、主にテレビ作品やインターネット上でのオリジナルアニメを楽しむ...
    詳しく見る
  • 一人でも夢中になれる「ゴルフ」
    ゴルフ概要 ゴルフ概要ですが、ゴルフクラブを利用して球を飛ばし、グリーンにある穴に球を入れるゲーム...
    詳しく見る
  • 女子力際立つ「アクセサリー作り」
    アクセサリー作り概要 アクセサリーとは、洋服等に合わせてつける装飾品の1つです。 アクセサリーに...
    詳しく見る
  • 眺めているだけでも楽しめる「ハーバリウム」
    ハーバリウム概要 ハーバリウムとは、押し花等を含めた植物標本をさす言葉で、近頃ではドライフラワーや...
    詳しく見る
  • アイシングクッキー
    アイシングクッキー概要 粉砂糖や卵白を混ぜて作ったアイシングで、クッキーの表面をデコレーションした...
    詳しく見る
  • 個性が光る「折り紙」
    折り紙の概要 1枚の紙を切ったり貼ったりすることなく、立体的な模型にしてしまう日本の伝統的な芸術で...
    詳しく見る
  • 鉛筆1本でセンスを磨ける「デッサン」
    デッサンの概要 デッサンは、モノの輪郭や特徴をとらえ、それを鉛筆やパステル、木炭などで平面に描いて...
    詳しく見る
  • 精神能力を研ぎ澄ます「弓道」
    弓道の概要 弓道は、和弓で矢をうって的にあてるスポーツです。 的にあてるためには集中力と精神統一...
    詳しく見る
  • 資格取得で自分に自身がもてる「資格取得」
    資格取得の概要 日本には国家資格から民間資格まで、いろいろな資格が存在し、これを取得することで自分...
    詳しく見る
  • 毎日歩いて健康に!「ウォーキング」
    ウォーキング概要 ウォーキングは健康ブームの後押しもあって3人に1人が定期的に実施していると言われ...
    詳しく見る
  • 豊かな音で聴く人を魅了する「トランペット」
    トランペットの概要 おもにオーケストラで利用される、3つのピストンを使って音を奏でる金管楽器です。...
    詳しく見る
  • 時間や場所を選ばず好きなタイミングで楽しめる「ドライブ」
    ドライブ概要 趣味におけるドライブ概要は、自動車を運転して出かけることをドライブといい、走りながら景...
    詳しく見る
  • 常に新しい進化を追い求める「発明」
    発明概要 趣味のある人生は毎日を豊かにしてくれて生きている楽しみが増えるだけでなくわくわくした日々を...
    詳しく見る
  • 字を書く習慣が減ってきた今だから覚えたい「ボールペン字」
    ボールペン字の概要 ボールペン字は、硬筆の一種であるボールペンを使って字を上手に書くことを目的とした...
    詳しく見る
  • 毎日の頭の体操に「ルービックキューブ」
    ルービックキューブの概要 ルービックキューブは、3×3の面が6面で構成された立方体のパズルゲームです...
    詳しく見る
  • 水しぶきを浴びながら激流を下ることでスリル感が体感できる「ラフティング」
    ラフティングの概要 ラフティング(rafting)とは、ラフト(いかだ)を使用して川下りを楽しむ人...
    詳しく見る
  • 毎日が楽しくなる「ドラマ鑑賞」
    ドラマ鑑賞の概要 ドラマ鑑賞とは、室内等でドラマの鑑賞を楽しむことです。 ドラマ鑑賞の詳細 ド...
    詳しく見る
  • 忍者のような身軽な動き「パルクール」
    パルクールの概要 パルクールとは、走る・飛ぶ・登るなど、道具を使わず身一つの移動方法で体を鍛える運...
    詳しく見る
  • 上手くいかないだから楽しい「ビリヤード」
    ビリヤードの概要 ビリヤードとは、専用のテーブルの上で、「キュー」と呼ばれる棒でボールを付き、テー...
    詳しく見る