射撃概要

まず、射撃概要を説明していきます。射撃競技は銃器を用いて行うスポーツ競技でオリンピックでも行われている種目の一つです。主にライフル銃や猟銃、ピストルを使用します。

アメリカ以外の国では殺傷能力の高い銃器を個人が持つ事には免許が必要な場合が多いですがその中でも日本は特に厳しい所持条件があります。世界的には認知度がとても高く、人気のある競技の一つです。

射撃といっても種目は多数あり、オリンピックでの競技種目をいくつか紹介したいと思います。ピストルを使った競技ではラピッドファイアーピストル、フリーピストル、エアピストル、スポーツピストル。

ライフルを使った競技は、スモールボアライフル、エアライフル。お皿を撃つクレー射撃では、トラップ、スキート、ダブルトラップと様々な種目があります。

日本では厳しい銃規制があり、普及率は高いとは言えませんが、射撃場も多数あり、年齢、性別問わず行える事もあり国内でもずっと続いています。日本での射撃競技は、散弾銃を使ってのクレー射撃とライフルを使い的を狙って撃つライフル射撃があります。

クレー射撃は飛行中のクレーピジョンを散弾で撃ち落とし、その枚数によって点数を競う競技です。ライフル射撃は動く的ではなく決められた距離に固定されている的を狙い点数を競う競技です。

その他にもピストル射撃もありますが、日本では拳銃の所持に大変厳しい規制が有る為競技人口は少なく、主に警察官や自衛官が多いです。

また、日本独自の競技として低年齢者や所持許可を持っていない人の入門用としてビームライフルという光線銃を使用する競技もあります。

射撃の始め方

次に射撃の始め方について説明していきたいと思います。簡単に説明すると許可を得ることが出来れば射撃場で銃器を使用する事が出来ます。

初期費用・道具

初期費用としては申請をし、銃器を購入すると20万円を超える費用となります。またアフターコストとして、射撃場の使用料と装弾料のコストは一回辺り一万円前後必要となります。

射撃に関する道具は銃本体、装弾ロッカーや射撃用のベスト、銃を保管するガンロッカー、イヤープラグ等の専門道具が必要です。このような道具は全て銃器店で購入する事が出来ます。ただし、実際に購入する為には事前に専門の教習を受け、許可を得る必要があります。

許可の申請

射撃の許可を貰う為にいくつかの申請を行う必要があり、それなりに日数も必要とします。申請の際には警察による身辺調査が行われ、逮捕歴の有無、暴力団関係者との繋がりが無いか等を調べるようです。

これらの条件に引っ掛かると許可は貰えません。また許可後であっても傷害事件等で逮捕された場合、許可が剥奪されることになっています。

警察窓口へ行き、初心者講習の手続きをして、講習修了証明を手に入れ、書類を揃えて銃所持の許可申請をする事は色々と大変なので、おススメとしては銃砲店に行き相談をする事、もしくは射撃場に直接行って、実際にその地域の人達に相談に乗って貰う方法があります。

自分でやるより、色々な事が相談出来ますし、銃を買ったりその後射撃を楽しむにも様々なメリットが生まれます。こういった手順を踏めば射撃競技を始めることが可能になります。

射撃の魅力

射撃の魅力とはやはり日常では気軽には体験出来ない感覚を持てる事、競技を通じて高い集中力を養う事が出来、緊張感を持った状態で絶大な爽快感を得られる事が出来ます。

老若男女問わず、許可さえ得られれば誰にでも満喫する事が出来るスポーツで、運動の苦手な方、体力が無い方、腕力に自信のない方でも満喫する事が出来ます。

是非、まだ一度も射撃を体験した事が無い方も許可を得て非日常の世界を体験してみませんか。

おすすめの記事