世界遺産の概要

世界遺産とは、「1972年のユネスコ総会で採択された「世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約」(世界遺産条約)に基づいて世界遺産リストに登録された、遺跡、景観、自然など、人類が共有すべき「顕著な普遍的価値」を持つ物件のこと」です。(Wikipedia引用)

2013年現在では世界遺産の数は962にものぼり、そのうち日本の世界遺産は16あります。

国内の世界遺産をすべて見るだけでも、楽しめる趣味です。

世界遺産の詳細

世界遺産の中でも特に人気の高いものに「マチュピチュ」や「アンコール遺跡」、「グランドキャニオン」などがあります。
国内の世界遺産では屋久島がダントツに人気があります。
世界遺産は世界に1000箇所近くあるため、すべて見て回るには時間もお金も足りなくなると思います。なので、ある意味一生楽しめる趣味ともいえるでしょう。
定年後の趣味としても人気です。

世界遺産のはじめ方

多くの人が訪れる、人気の世界遺産はすばらしいものが多いです。
初めての場合は人気のある世界遺産を選んで行きましょう。
国内であれば交通費も安めで抑えられます。

おすすめの記事