砂の城づくりの概要

幼少期に誰でも一度は経験する砂場遊び。砂で山を作ってトンネルを掘ったり、泥だんごを作ったりしたものですよね。その延長にあるのが砂の城作りです。子どもの遊びに大人が本気になりました。

砂の城づくりの詳細

サンドアートの一種です。サンド、つまり「砂」を使用して像や絵などの作品を作り上げます。城などの造形物を作ることは、サンドアートの中でも特に「砂像(サンドスタチュー)」と称されています。

砂の城づくりのはじめ方

もちろん手軽な公園の砂場でもいいですが、やはり細かくて均一の砂が豊富な海辺で行うのがよいでしょう。モデルとなる城のイメージを思い描いてからでもいいですし、思いのままに砂を積み重ねていってもOKです。
城を造ると決めた場所を水で濡らし、足で踏みならします。砂をかき集めたり、固めたりするのに手だけでは間に合わない場合、バケツやスコップを使用しましょう。砂に柄を描きたい場合は木の枝などを用います。
貝殻を拾って飾り付けたり、フラッグを塔に指すと一段と城らしさが増します。いつまでも残ってはいられない刹那のアートの魅力にあなたも囚われてみましょう。

おすすめの記事