茶道の概要

茶道とは、厳密な作法の元で行われる、お茶を点(た)て、飲み、振る舞う行為のことをいいます。「茶湯(ちゃとう)」「茶の湯」とも称されています。

茶道の詳細

茶道と一口に言っても様々な流派が存在し、流派によって作法に違いがあります。茶の点て方はもちろんのこと、使う道具、そしてその色にいたるまでそれぞれ異なった作法を用いています。
聞いたことがある方も多いかと思われますが、茶道には三千家として知られる「表千家」「裏千家」「武者小路千家」があり、その他にも数多くの流派が存在しています。それぞれ歴史は深く、茶道を始める前に行いたい流派を決めなければなりません。

茶道のはじめ方

茶道に必要な道具(茶せん、茶器、ふくさなど)や最低限の礼儀作法など、ある程度の予備知識を蓄えてから始めることをおすすめします。茶を点てる、いただく、振る舞う、全てに流派独特の違いがありますので、自分が行う流派の作法をきちんと理解しておきましょう。
当然、場所や人数が必要になってきますし、作法を詳しく教え、間違いを正してくれる先生がいる茶道教室に通いましょう。
ぜひ日本の伝統文化を味わい、日本のわびさびを受け継ぐ誇り高き日本人になってください。茶道を始めるあなた、そうあなたです。

おすすめの記事