朗読の概要

朗読とは、物語や詩歌などの文章を声に出して読み上げることです。ただ声に出す「音読」とは違い、朗読は「内容をくみ取り、感情を込めて読み上げること」とされています。

朗読の詳細

「音に出して他者に伝えること」は古くから世界中で行われている伝承方法です。識字率の低い社会においては特に重要な方法とされていましたし、文章に感情を与えることは芸能としても発達していきました。また、現在は脳の活性化にも役立つとされ、検定も行われています。

朗読のはじめ方

「声に出して読むこと」のメリットに関しては小学生の頃からみなさんよく教えられてきたことと思います。目で追うだけの黙読より、視覚、発声、聴覚の三つの機能をフル活用すれば、暗記もしやすく、文章に対してより深い理解に到達することができます。
ところが、実は朗読のメリットはこれだけではなく、言語表現が豊かになったり、人の気持ちをよく理解できるようになるので、よりよい人間関係の構築に繋がったりなど、さまざまな効果が期待できるとされています。
好きな本を手に取って、感情を込めて読み上げるだけでも朗読として楽しめますが、ぜひ「朗読検定」の合格を目指して日々の練習を行ってみてください。検定の段階により、朗読で得られている効果を分かりやすく知ることが出来ます。
朗読会などを開催して、仲間とともに楽しめるともっとよいですね。

おすすめの記事