読書概要

読書概要ですが、その名の通り本を読むことで小説だけでなく雑誌やマンガ、絵本など文字だけでなく絵が多いものも読書の対象です。

読書の始め方

普段から読書をする人にとって本を読むという行為はそれほど難しいものではありませんが、本を読まない人にとっては、苦手意識からなかなか読書を始めることが難しいといえます。特に小説など文字の多いものはその傾向があります。

そこで、これまであまり読書をしたことのない人の読書の始め方としておすすめなのが、まず自分の興味のある分野のものから手をつけることです。

自分の興味のあるジャンルを読む

例えばスポーツが好きな人であればスポーツを題材としたマンガや小説から読み始めてみるとよいでしょう。

このように自分の得意なジャンルであれば最後まで読み進めることも難しくありません。しかしながら、ここで「スポーツが好きなのであればスポーツ観戦やスポーツをすることで十分なのでは。」

という意見もあると思いますが、読書をすると自分ではなく作者という第三者のフィルターを通して書かれたものを味わうことができるので、それまでと違った楽しみ方を見つけることもできます。

また、料理に関する読書であれば一流の作家によってあなたの五感を刺激してくれるといったこともあります。

これはきっと料理が趣味の人にとっては新たな発見をもたらしてくれるに違いありません。このように新しい感性に触れることが読書の魅力のひとつと言えます。

それでもやはり、小説など活字の多い文章を読むのが苦手という人は多いと思いますが、そんな人は好きな芸能人や有名人などが書いたエッセイ、尊敬する偉人の伝記など何かしら自分の興味に関連付けするとよいでしょう。

忙しい方でも気軽に読書ができる

また、ショートショートと呼ばれる短編よりもさらに短い作品を集めたものは短時間で読むことができるので忙しい人にもおすすめです。

なお、読書を通じて新しい感性に触れるということは、その作者に出会うことでもあります。私たちは年齢を重ねるごとにどんどん、人との出会いが少なくなっていきます。

しかしながら、本屋さんに行けば数多くの作家に出会うことができます。しかも、既に亡くなった作家であっても、本を読むことでその作家に触れることができます。

また、人に触れるだけでなく、行ったことのない国や場所、過ぎ去った過去の時代や、未来や架空の世界にすら行くことが可能で、読書を通じて感性を刺激してくれます。

読書の魅力

他にも読書の魅力には読む人のボキャブラリーなど表現力を豊かにしてくれることがあげられます。特に小説によく見られるのですが、実はストーリー自体は大して面白いというわけではないのに、なぜか引き込まれてしまう場合があります。

これはほとんどの場合が作家のたぐいまれな表現力によるものです。こういった表現力に触れることは、読む人の私生活にも生かされます。

面白い話ができるようになるかも?

実際に周りにいる人で話が面白い人は経験豊富で話の内容が面白いということもありますが、読書によって何気ない話でも面白おかしく表現するだけの能力を身につけていることが多いです。

趣味で読書をする場合、教科書や参考書を読むのとは異なり義務的なものではありませんので、面白くないと思ったら最後まで読む必要はありません。

本は読むのにエネルギーを使いますし、無理して読んでも読書が好きになることは少ないでしょう。

また、どれだけ素晴らしい作品であっても、今の自分のテンションと合わないだけで、まったくと言っていいほど面白くないということも珍しくありません。

そんな時は本棚にそっとしまって新しい本を探しましょう。そしていつの日かまた、その本を読んでみましょう。不思議なことにあの頃は面白くなかった本が改めて読んでみるととても面白かった。そんな再発見があるのも読書の魅力です。

おすすめの記事