ポートレート写真の概要

ポートレート写真とは、肖像写真のことのみを指すと思われがちですが、人をテーマにした写真全ての総称です。

ポートレート写真の詳細

たとえ被写体の人物の姿全てが写っていなくてもポートレート写真になります。顔や体の一部だけであったり、後ろを向いていて顔が写っていなくても、写真の中心やテーマが人である限り、ポートレート写真に分類されます。
光の加減や向き、色合い、構成、被写体の目線など、美しいポートレート写真にするための工夫は驚くほど多いですし、複雑です。被写体の人物の人となりが現れるような素晴らしいポートレートが撮れるかどうかは、写真を撮る人の腕に掛かっています。

ポートレート写真のはじめ方

とにかくまずはカメラで被写体を撮ってみましょう。撮った写真を見ると、もう少し光の量が欲しい、角度がいまいち、目線は外した方がいい、背景をぼかしたい、など人物をメインにすることによる様々な改善点が見えてくるはずです。そういった点を技術で少しずつ調整し、補っていかなければなりません。人物がメインですから、風景写真などとは違った複雑さが求められますし、カメラについての勉強も必要になってきます。
また、写真の撮り方だけではなく、撮った写真を加工する技術も当然必須のスキルになってくるでしょう。
最近はスマートフォンのカメラアプリでも、綺麗な写真が撮れたり、編集が簡単に行えるようになっています。プロでなくても手軽に楽しめる趣味にもなりますね。

おすすめの記事