オープンコーラ概要

オープンコーラと聞いて、世界的に有名になっている飲料のコカ・コーラを連想する方も多いはずです。しかしその製法は未だに秘密とされており、特に原液の製造方法に至っては極秘となってます。

世界中でも限られた数名しか知っていない、原液は米国に存在している同社工場だけにおいて製造されており、各国にある支社では輸入された原液および炭酸水を混合するのみで原材料は知らされていないといった噂もあるほど、秘密主義を貫いています。

こうした背景がある中で、世界中で広がっていったのがオープンコーラを趣味として楽しむ人々です。オープンコーラ概要は、カナダのトロントを本拠地と定めている「オープンコーラ社」が、2001年にオープンソース形式で開発を手掛けたグループウェア「OpenCola」のプロモーションとして作成したのが発端となります。

オープンソース形式

オープンソース形式は、ソフトウェアライセンスの形態の一つで、インターネットを通じてソフトウェアのコードが無償で公開され、そのソフトウェアを誰でも改良したり再配布を行えるようにしている形式のことを指します。

本来はオープンソースソフトウェアには馴染みがあまりなかった人たちに対して、説明用として開発された「オープンコーラ」でしたが、逆にソフト自体よりも飲み物の方が有名になり、実物が作られるようになった訳です。

販売された本数は、およそ150,000本ほどと言われていますが、その後に会社の経営方針が変更されたためにウェブページ上でのオープンコーラの宣伝を同社は今後行わない旨を発表しています。

つまり、簡単に説明すると「オープンコーラ」とはその製法が一般に公開されているコーラのことです。「GNU General Public License」と呼ばれるフリーソフトウェアのライセンスに基づいて、誰でもその製法を入手することが可能です。

基本的なコーラの作り方を知ることが出来るため、ベースとなる製法に独自の改良を加えてオリジナリティ溢れるコーラを作れる点が、オープンコーラを趣味にしている人の楽しみ方と言えます。

また、材料や機材さえ準備することができれば誰でも製造することが可能で、コーラを自由な発想で自作できるだけでなく、先程触れたライセンスの下であれば、改変した作り方を再配布できる点もオープンコーラの魅力と言えるでしょう。

オープンコーラの始め方

オープンコーラの始め方としては、名前の通り原料が公表されているコーラなのでネット上から情報を収集することから始めます。まずはレシピが色々と紹介されていますので、それを参考に材料を揃えてみましょう。

材料としては香料やクエン酸といった有機化合物などが必要になりますので、香料や濃縮液などを自分自身で作っていく過程にオープンコーラの醍醐味があります。

材料やオイルをそれぞれの分量ずつ混ぜ合わせる行程は、理科の実験のような雰囲気を味わえます。どんな味になるのか予想できないのも、オープンコーラを作る面白さです。

オープンコーラの魅力

さらに、自分で調合して完成した飲料を試飲するのも、オープンコーラの魅力の一つ。珍しい材料を集め、努力して調合した成果が報われる瞬間が、この試飲です。一人一人が用いる材料や作り方に応じて、少しずつ味が異なってきます。

レシピはもともと単純なものではないので、何から改変すると独自の製法を生み出せるのか、あれこれ考えながら作っていく楽しさと、他の人のレシピや作り方と自分のものを比べて少しずつ変えていくのも奥深さも、オープンコーラを趣味とする魅力でしょう。

何度も試行錯誤を重ねた結果、味の良いオリジナル製法を編み出すことができれば、世界中のコーラファンから注目される可能性も大いにあります。

「オープンコーラ」の関連商品一覧

「オープンコーラ」の動画一覧