飲み会概要

おすすめの趣味としてもっともすぐに始めることができる趣味が飲み会の魅力といっても過言ではありません。

飲み会概要はただ親しい友人や家族、または知り合ったばかりの人達と一緒に飲んで食べて会話をしながら過ごすだけという簡単なものです。

飲み会の始め方・魅力

ですから飲み会の始め方にこれといったルールもないので、すぐに趣味として始めることができる魅力に溢れています。

飲み会の席ではお酒ともに一緒に食事をすることでお互いに親近感が生まれるメリットもあります。

親しい友人と日ごろあまり話すことがなかった深い話をしたり、または普段あまり話す機会がなかった方とも打ち解けるチャンスが魅力です。

どんなお店がいいかな?

飲み会の始め方としてどのような場所で行えばよいのか迷う方はとりあえず居酒屋やリラックスできるお店で行うことがおすすめです。

個室タイプも話に集中でき周りを気にせずに過ごすことができますが、お互いがあまり話したことがない状態で利用することで話が途切れる可能性もあります。

そんな場合はあえて個室タイプではない店を選び、周りの空気や雰囲気で会話が弾むメリットを大いに利用することがぴったりです。

家で行う飲み会はある程度親しくなった関係で行うことが相手にも気を使わせない秘訣です。

お家がもっともリラックスでき好きなように飲み会ができる魅力がありますが、相手の距離感を図りながら見極めることも大切です。

美味しいお酒には美味しい食事も大切な要素です。

特に家での飲み会の始め方を実行に移した方は、出前やテイクアウトだけの料理ではすこし味気ないです。

飲み会に役立つ食事レシピ

そんなときこそ役立つのが美味しい飲み会の食事レシピです。

手間がかからずかつ簡単に作ることができるレシピを参考にぜひトライすることをおすすめします。

どの家庭にも常備していることの多いヘルシー食品として人気の高い納豆もお酒のあてとして大活躍です。

実は納豆はお酒との体の相性も抜群であることをどれくらいの人が知っているでしょうか。

飲みすぎることで頭痛や胃の不快感に襲われる二日酔いも納豆があれば心強いです。

その理由はアルコールを摂取した後にこの納豆を食べるとことで二日酔いになりにくいという結果のデータから立証されています。

二日酔い対策として縁の下の力持ち的な食品である納豆はお酒のあてにぴったりであることも頷けます。

納豆のネバネバ感が苦手の方でも大丈夫なアレンジレシピは、外側をカリッと焼いているのでポリポリとした食感を楽しむことができます。

ここで紹介する分量は1人前ですので、飲み会の人数に合わせて分量は調整してください。

納豆1パックに付属についているタレが1袋、調味料として、白いりごまが小さじ1と七味唐辛子が小さじ半分です。

あと薄力粉大さじ1とごま油大さじ1になります。

まずは納豆に付属のタレと調味料である白いりごま、七味唐辛子を混ぜあわせてください。

そこに薄力粉を入れて味付けした納豆全体にまぶしていきます。

フライパンを中火に熱した上におき、そこにごま油を入れ、薄力粉をまぶした納豆を入れて表面がカリッとした状態まで焼き上げます。

ここでポイントなのが混ぜ方です。

粘りを出すようにしっかりと混ぜ合わせるよりもさっくりと混ぜあわせることで仕上がりがパラパラとしてほぐれやすくなります。

ポリポリおつまみとして食感も楽しめほぐれやすいので食べやすいです。

お酒のあてだけでなく、ちょっとした小腹がすいた時のおやつにも最適なレシピとなります。

飲み会の魅力に美味しい手作り料理が加わることでさらに場が盛り上がること間違いなしですので、市販品に頼るだけでなく家にある材料でぜひ手作りしてみてください。

同じものを味わうことで作り方をお互い情報交換をしたりなど話が弾むメリットも魅力的です。

おすすめの記事