デザインや写真などセンスが必要な趣味かもしれません。センスの良さはなかなか自分では分かりにくいところです。そこでいろいろなところに発信しましょう。評価されることでどんどんセンスが磨かれていきます。

自分の世界で磨き続けるのも良いですが、外に出し更にパワーアップしましょう。

届けようあなたのグラフィックデザイン

グラフィックデザインとは、主に紙のデザインのことでフライヤーやポスターなどをデザインすることです。

アートなどに比べると趣味と言うよりは、仕事のイメージが強いかもしれません。

このデザインだったら自分のほうがもっと良いもの作れると思ったことのあるあなた。グラフィックデザインで自分のセンスに挑戦しませんか?

自分のお店やイベントの宣伝、デザインコンペの募集に応募、ランサーズのようなクラウドワークスに挑戦してみるなどチャレンジの方法は様々です。

3Dにしかない良さを味わえる「3Dコンピュータグラフィックス」

3Dコンピュータグラフィックスの概要 3Dコンピュータグラフィックス(以下、3DCG)は、コンピュータ上の3D空間内に立体的なグラフィックを描いていく技術です...

グラフィックデザインとは

デザインと付く言葉は色々あります。建築、プロダクト、ファッションなどなど。

デザインとは何か問題があり、それを解決するためにします。

グラフィックデザインも同じです。紙媒体でデザインする場合をグラフィックデザインと言います。例えばスーパーのチラシやイベントのフライヤーなどをデザインすることです。

ただ情報をまとめるだけではなく、見た人が内容をすぐに理解できるように考えて作られています。

イメージを形にする事もデザインの重要な要素です。デザインを見て楽しそうとか自然な感じというようなイメージを伝えることができます。

商品を売りたい、お店を知ってもらいたいなどの課題を解決するためにレイアウト、色、形などいろいろな要素を組み合わせてデザインされます。

グラフィックデザインの始め方

グラフィックデザインの大学や専門学校はありますが、あくまで趣味で始めるということなのであまりお金をかけずに始める方法をまとめてみます。

グラフィックデザインはほとんど手書きの時代もありましたが、今はパソコンと専用のソフトがあれば出来てしまいます。書籍もたくさん出てきていますので昔より始めやすくなったかもしれません。

道具をそろえよう

<デザインソフト>

グラフィックデザインの専用ソフトにAdobe Illustratorと言うものがあります。Illustratorは有料のソフトですがグラフィックデザイナーであればほとんどが使っているソフトです。仕事に繋げたいと思っている方はIllustratorをおすすめします。無料体験版もありますので是非試してみてください。

Illustratorに似た無料ソフトでInkscapeと言うものもあります。

テンプレートからつくる無料ソフトCanvaは手軽に良い感じのものが簡単に作れます。

<画像加工ソフト>(重いソフトもあるのでそれなりのパソコンが必要)

プロも使う本格的な画像編集ソフトAdobe Photoshop(無料体験版などもあります)

無料画像編集ソフトGIMP

画像加工ソフトはアプリなど探せば色々なものがあります。

ソフトを使いこなそう

ソフトの使い方に関した本を1冊持っておくと便利です。

ソフトで何が出来るか、何をしたいかを知っときましょう。参考書やネット動画など解説はたくさんあります。

完全にマスターするには時間がかかるので実際につくりながら学んでいくのが上達の近道だと思います。

知識を入れる

大きな書店に行けばグラフィックデザインに関する書籍はあります。ネットにもデザインについて書いた記事はたくさんあります。ノンデザイナーズデザインブック、なるほどデザイン〈目で見て楽しむ新しいデザインの本〉はおすすめです。深く突き詰めたい方はデザインの考え方や理論を書いた本もあります。

書籍を買って分からないところはネットを使って調べると良いでしょう。

実際につくってみよう

ソフトの使い方をある程度理解したら実際に作ってみましょう。

<下準備>

始める前につくる内容を整理しておきましょう。

まず5W1Hを考えると分かりやすいともいます。「いつ(When)、どこで(Where)、だれ(Who)、なに(What)、なぜ(Why)、どのように(How)」を初めに考えておくと迷った時の道標になります。

特にターゲットを定めることが重要です。男性か女性か、若い人かお年寄りかによってイメージは変わります。ターゲットを詳しく設定していくことで狙った人へ響くチラシになりやすいです。

<情報集め>

つくるチラシに関する情報集めは肝心です。図書館、ネットで情報を集めましょう。

内容によっては今流行っているものなどをデザインに反映させることもあります。

<下書き>

下準備で決めた内容+集めた情報をもとに下書きを書きましょう。いきなりソフトで形にしてしまっても良いですが、手書きで描くことによって頭の中の整理ができます。さらに手書きでしか思い浮かばないアイデアや表現についても考える事ができます。

<素材集め>

写真が必要であれば自分でとるのも良いですがなかなか難しいので、無料の素材サイト(ぱくたそ、シルエットデザインなど)からダウンロードすることもできます。素材を集めた本なんかも売っています。写真、イラスト、アイコンなど色々な無料素材がありますので探してみてください。

イメージにピッタリの素材を見つけるのも難しいので制作するイメージに合わせて素材を加工します。画像加工ソフトで色合いを変えたり合成したりできます。

<ソフトを使って形に>

下絵をもとに集めた素材をつかって形にしていきましょう。

無料のソフトではなかなか完全に思った通りつくることは難しいかもしれません。

<完成へ>

出来たデザインを一回家庭用のプリンターなどで実際のサイズで印刷してみてみましょう。

印刷したものを見ると細かい部分に気付くことができます。修正を重ねて完成させましょう。

完成して満足せずに、発信し効果が出たかを測ることで改善点が見つかります。

<印刷>

完成したデータを印刷してみましょう。紙の種類や紙の厚みも考えましょう。

数枚の印刷であれば自宅のプリンターでも良いかもしれません。

最近ではネットの印刷会社もあり価格も安くデータ入稿も簡単になってきています。Web入稿はできるようになっておきたいところです。

印刷にも色々な種類があります。小ロットに向けのオンデマンド印刷、特殊インキを使った印刷など。

特殊な加工は他にもたくさんありデザインや予算に合わせて選択しましょう。

<まとめ>

ソフトの操作は覚えなければいけませんが、それ以上にデザインを受け取る人について自分なりに考えてつくることが大切です。伝えたい想いを伝えたい人に正確に伝えられるように。

自分の好きなようにつくるのはデザインでは無いのです。

更に極めよう

何回もデザインをつくることで作り方がわかってきます。

街にあるポスターを見てなぜこの形、何故この色?と考えてみてください。ターゲットや伝えたいことに合わせて考えられています。デザインは意味があり作られています。

グラフィックデザインには図形、色、レイアウトなどいくつかの要素があります。この要素は何となくではなく、考えられて作られています。

要素について簡単に説明します。

<図形>

丸や四角などの形にもイメージがあります。

四角であれば安定、硬いなど。丸は目立つ形と言われています。なので目立たせたい部分などは丸の中に置いてあったりします。

<色>

道路標識を例に危険や禁止は赤色、注意は黄色と黒、案内や指事は青地に白文字(視認性が高く遠くからでも見やすい)など色のイメージや視認性を考えて作られています。非常口の色は緑色で安心や安全のイメージです。炎の中でも見やすいように炎の赤の反対色の緑が使われているとか。

赤色などは膨張色といい大きく見えます。なので目立たせるところに使われることが多いです。反対に青色や紫色などは伸縮色といいます。

飲食店の看板は赤やオレンジの暖色が多かったり、色にはそれぞれイメージがありデザイナーはそれを考え適切に使っています。

<レイアウト>

チラシを見る場合の人の目線の流れがあります。縦のチラシでも横のチラシでも目線は上からZ型に動くと言われています。向かって左上から右下へ。

目線の流れも活用しながらデザインしましょう。

情報の整理も大切です。同じ情報のグループ分けや、他の情報としっかり区別することなど。整列、間隔も意識しましょう。

<写真、イラスト>

写真やイラストはイメージを伝えるために有効に使いましょう。

個人の持ち味を表現「イラスト」

イラストの概要 イラストは、物語の挿絵やキャラクターを描く芸術の趣味です。 グラフィックデザインが文字や配色などによりメッセージを伝える、抽象的な広義のデザイン...

<書体、フォント>

大まかに日本語の書体は明朝体、ゴシック体に分かれます。欧文フォントはサンセリフ体、セリフ体に分かれます。明

サンセリフは和文書体でいうゴシック体のようなものです。

明朝体は伝統的や女性的なイメージなどがあり、ゴシック体は力強く、男性的などのイメージがあります。

明朝体は小さい文字でも見やすく、長文も読みやすいので本文などで使われることが多いです。

ゴシック体は視認性が高くタイトルやインパクトを出したいところに使われることが多いです。

要素についての基礎的な情報なのでしっかりと意識しつつ、つくるデザインに合わせて崩しても良いです。レイアウトのZの目線も、インパクトのあるビジュアルを中心に置くことによってZではない目線誘導ができるかもしれません。

<上達方法>

身近にあるデザインを練習として丸コピしてみるといいいです。ソフトの練習にもなり、デザインの基礎の部分も勉強になります。プロがデザインした制作物か見極めも大切です。

デザインの参考に作例集やWebサービスのピンタレスト(デザインの作例も沢山載っています)を見てみましょう。沢山の作例を見ることで自分の作りたいイメージの参考になります。

作例のなかでこのデザイン良いなと思ったら何が良いのかを分析してみてください。良い要素をインプットして自分なりにアウトプット出来るようにしましょう。

何故この色、この形にしたのか一つ一つ考え、完成した後も何度も見直してください。

<まとめ>

PCとソフトが用意できれば一応始められます。簡易な名刺やチラシはすぐ作れるでしょう。

自分で考えてイメージしたものを作り出すには時間がかかります。デザインは奥が深く突き詰めれば、一つ一つの要素がかなり奥が深くなっていきます。

長い時間をかけ自分のセンスを磨き突き詰めましょう。探究心があり根気強く同じことを続けられる人におすすめです。

心に響く瞬間を写真に刻め

カメラさえあれば始められます。チェキのようなインスタントカメラでも十分に使えます。

センスを磨くために写真を撮って発表しましょう。最近ではInstagramのようなSNSで自分の作品を手軽に発表できるようになりました。海外に向けて発信するのにもInstagramは有効です。

風景だって人だってカメラさえあればあなたの作品に。

<始め方>

ここでは主に一眼レフについての説明をします。

自分の撮りたいものが何か決まっていればそれに合わせた機材を揃えましょう。

<カメラをそろえよう>

一眼レフカメラやミラーレス一眼など自分に合ったカメラを探しましょう。

ミラーレスカメラはコンパクトなボディでお洒落な物が多いです。一眼レフカメラとの違いはボディの大きさ、ファインダー(覗き窓)が電子ファインダーであることです。電子ファインダーとはレンズから取り込んだ光をデジタルデータに変換しファインダーに映しています。

一眼レフはボディ内にミラー(鏡)があり、そのミラーに反射したものがファインダーに映っています。ミラーがあるのでボディが大きくなってしまいます。

電子ファインダーでは実際に目で見るより少しタイムラグが発生します。最新の機種であれば全く気にならない程度です。

レンズ選びも重要です。キットレンズも良いですが予算があるのであれば撮りたいものに合わせレンズを選びましょう。

<カメラを使いこなそう>

とりあえず色んな機能を試しながら撮ってみましょう。

カメラの使い方の解説などネット上や参考書など情報はたくさんあります。おすすめの書籍は世界一わかりやすいデジタル一眼レフカメラと写真の教科書、DVD付きで分かりやすいです。

写真にこれが正解はありません。

自分がいいと思う瞬間をとらえるのが写真の楽しいところだと思います。その瞬間に思った通りの写真を撮るために操作などを覚えます。納得する写真が撮れる様になるなるまで何枚も撮ることが上達につながります。

撮りたいものを撮りたいときに「写真・カメラ」

写真・カメラの概要 目でみた景色をそのまま、もしくはそれ以上に美しく、映像として保存できる素敵な趣味です。 満開の桜、快晴の空、街を行き交う人々、思わず笑っ...

一眼レフレンズ詳細

レンズには大きく分けてズームレンズと単焦点レンズがあります。ズームレンズはズームができるレンズのことで単焦点レンズはズームができません。単焦点レンズはズームはできませんが、解像度が高く価格も同じ性能のズームレンズより安く手に入れることができるので1本持っておくのもいいと思います。

<種類>

広角レンズ(画角が広く広い範囲を写す場合に有効、広角は水平が歪む場合がある)

標準レンズ(肉眼で見ている画角に近い)

望遠レンズ(遠くのものを大きく写す場合に有効、被写体と背景の距離を圧縮する効果がある)

マクロレンズ(小さいものに近づいて写せる、近づく場合以外も撮影できる)

魚眼レンズ(水平が円弧の用に歪む)

などがあります。自分の撮りたいものは何なのかを考えて選びましょう。

単焦点のレンズはズームできないので画角に合わせて自分で動き、構図を決めなければならないので練習になり、初心者にもおすすめです。

因みにレンズ沼という言葉があります。今持っているレンズでは撮れない物があり、もっとズームできるレンズ、今度は接写したいなど次々にレンズが欲しくなってしまう現象のことです。

一眼レフ機能詳細

<カメラ撮影モード>

オートモード

Auto(オートモード) 全ての設定をカメラが自動で行います

P(プログラムオートモード) 絞り値と“シャッター速度の設定を自動的にしてくれます。オートモードと違いISO感度など自分で調整できる部分もあります。

A、Av(絞り優先モード) 絞り値(F)を決めて撮影します。

S、Tv(シャッタースピード優先モード)シャッタースピードを自分で決めて撮影します。

M(マニュアルモード)絞り値(F)、シャッタースピードなど全てを自分で設定し撮影します。

 

オートモードはどの場面でも自動でキレイに撮れるようになっていますが自分の撮りたいイメージがある場合、他のモードも使っていく必要があります。絞り優先モードはF値(ぼかし具合)を自分で調整できるモードなので一眼らしいぼかしを利かした写真を撮るのおススメなモードです。

<絞り>

レンズを通過する光の量を調節するものです。F値によってボケ味が変わります。F2.8など小さい値ではボケやすく、F16のように大きな値になるとピントの合う範囲が広がります。

絞り優先モードの場合F2.8でもF16と同じ明るさの写真になります。Fの値が大きくなるほどレンズを通過する光の量が減ります。しかし光を取り込む量が少なくなった分、シャッタースピードが遅くなるため、F2.8でもF16と同じ明るさの写真になります。 F値の小さいレンズほど光を多く集められるので暗い場所の撮影に有利な場合もあります。

F値の小さなレンズは高額になります。

<シャッター速度>

シャッタースピードによって光を取り込む時間が変わります。

シャッタースピードが遅いと写真が真っ白になったりブレが発生しやすくなります。三脚などを使ってブレを無くします。

逆に早いシャッタースピードは写真が暗くなる場合があります。早い動きのものを止めて撮る場合などに使います。

<ISO感度>

ISO感度の値は光をとらえる能力です。

ISO感度が高いほど、多くの光をとらえ明るく、速いシャッタースピードで撮影することができます。暗い場所ではISO感度を高くしたりします。ISO感度を上げるほどノイズが増えます。

フラッシュやストロボが使えない暗い場所ではISO感度を上げよう。

<露出>

露出とは取り込む光の量のことを言います。

露出補正は自分が思った明るさに写真を調整することが出来ます。

明るめに調整した写真をハイキー、暗めに調整した写真をローキーと言います。

露出補正はシャッタースピードを調整して明るさを変えているので、マニュアルモードやシャッタースピード優先モードでは露出補正は効きません。

<測光>

画面のどの部分の明るさを測定するか決めます。

画面全体の平均の露出を測ったり、自分で画面のどこの部分を測定するか決められたりします。

<ホワイトバランス>

環境光によって変わる色味を調整し、白いものを白く撮れるように調整する機能です。

オート、電球、曇天、蛍光灯、晴天、日陰、晴天などのモードがあります。それぞれの光で見たままの色で写るように調整でき

ます。例えば蛍光灯モードでは青っぽくなります。蛍光灯の灯りで自然な色に写ります。

フィルターの代わりに青みや赤みを増して撮りたいなどの場合にも使える。

<画像のデータ>

一眼レフの場合jpegの他にrawというデータで保存できます。jpegは圧縮されたデータですがrawは非圧縮のデータなので容量が大きくなります。

rawデータでは撮影後にホワイトバランスなどを編集できます。

撮影で意識すること

<光>

写真撮影で一番大事と言ってもいいぐらい大事なことかもしれません。いちばん大事なのは撮りたい気持ちですが。

何故光が大事かというと光一つで印象がガラリと変わるからです。そこで撮影時光がどこから当たっているか意識しておく必要があります。

順光は正面から光の当たっている状態のことで影が出にくくのっぺりした印象になりますがキレイに色をとらえることができます。逆に後ろから光が当たっている状態を逆光といい被写体がシルエットになったりします。

斜め前からの光のことを斜光、斜め後ろからの光のことを半逆光、真横からを側光といいます。影を生かした立体的な写真が撮れます。料理を撮る場合なども逆光や半逆光のほうが立体感がでます。

逆光や半逆光でハイキーに撮ることでやわらかい光を演出したりもできます。

日中の昼に撮影する場合、太陽が真上にあります。真上からの光だと目の下などに影が出てしまいます。それを避けるために日陰に移動したり撮影時間をずらしたり光を常に意識しましょう。

<構図>

日の丸構図などはよく耳にすると思います。日の丸構図が良くないなど言われたりしますが自分の伝えたいことがその構図と合っていれば何も問題はありません。

構図を意識することで意味や物語性を伝えることができます。思ったイメージに合わせて構図も決めましょう。

カメラの機能の中にグリッド表示がある場合があります。格子状に画面にガイド線を表示してくれます。その線と線の交点に写したい被写体を合わせると構図を作りやすいです。

あくまでガイドなのでサポートで使いそれに縛られすぎないようにしましょう。

<水平垂直>

建物などを撮る場合、水平垂直を意識しないといけない場合があります。

水平垂直がくるっていると不安定なイメージを与えてしまったりします。逆に躍動感を出すこともでき撮り手のイメージでどう撮影するか決めましょう。

始めのうちは水平垂直がしっかりとれるように練習しましょう。カメラ内に水準器の機能があるのでそれを表示させてもいいと思います。

持っていると便利な道具

三脚(シャッタースピードが遅くてブレる場面などに使います)

一脚(手ブレ軽減、小スペースで持ち運びしやすい)

レンズフィルター(光を抑える減光フィルターや反射を消すPLフィルター、光の線が撮れるクロスフィルターなどがあります)

フラッシュ(同時に複数のフラッシュを光らせることもでき撮影のバリエーションが膨らみます。)

レリーズ(離れたところからシャッターを押せる)

テクニック

<ぼかし方>

・被写体と背景に距離があるほどボケやすくなります。

・F値を小さい値にすればボケます。絞り優先モードなどF値を変えられるモードで設定してみましょう。

・ズームレンズで最大までズームして撮るとぼけやすいです。

・被写体の前に何かを置いてぼかすことを前ボケといいます。レンズのすぐ手前に何かを置くことでぼかすことができます。

<オートフォーカス>

・AF-CやAF-Sなどモードがあります。AF-Cはピントを合わすボタンを押している間ピントの位置を自動で調整し続けてくれます。AF-Sは一度合うとそのまま固定です。

・オートフォーカスのエリアにもいろいろなモードがあります。ピントを合わせたい所に合わないときなど変更してみましょう。

・星の撮影ではオートフォーカスではピントが合わないのでマニュアルフォーカスに切り替え無限遠付近に合わせましょう。

<置きピン>

・ピントの位置を決めておいて動かないように固定することです。ピント位置を決めてオートフォーカス(マニュアルフォーカスに切り替える)は切ります。

・電車など構図を決めて待って置く場合に使ったりします。

<流し撮り>

・動く被写体に合わせてカメラを動かして撮ることによって躍動感のある写真になります。シャッタースピードを少し遅めにしてわざとブラします。

・手持ちで撮れるシャッタースピードは1/100、1/60ぐらいが限界だと思います。

<日中シンクロ>

・日中の逆光時などにフラッシュを光らせ被写体をシルエットにせず撮影できます。

・背景が暗めの所でシャッタースピードを早くしフラッシュを光らせ被写体のみを浮き上がらせることもできます。

<多重露光>

・数枚の写真を1枚に重ねる撮影です。非現実な雰囲気を醸し出せます。

<インターバル撮影>

・設定した秒数毎に一定間隔で撮影をします。20秒毎に1枚撮影を100回繰り返すなど。

・天体など動くものの撮影に使われます。何百枚も撮った写真を比較合成し星の軌跡の写真にしたりします。

<レフ板>

・被写体の影になっている部分をレフ板で光を当てます。

・影が強すぎる場合などに使います。市販の白いボードなどでも問題ないです。

<レンズ効果>

・広角レンズの画面端が歪みます。それを利用してわざと画面端に足を伸ばして撮影したりします。そうすると歪み効果で足が長く撮れます。逆に集合写真などで画面端にいき過ぎると顔が大きく写ったりするので気をつけましょう。

・望遠レンズでは圧縮効果があります。広角レンズで桜並木などを撮るとき時の隙間が気になったりします。そんな時に望遠レンズでズームして撮ると圧縮効果で木々の隙間が圧縮された写真になります。

写真を作品へ

撮ったデータを現像して仕上げましょう。撮ったままのデータを使う場合もありますが現像して自分の思った作品に仕上げましょう。

各社が現像ソフトを無料で配布しているのでとりあえずそれを使って見ると良いと思います。

現像では露出(明るさ)やホワイトバランスなどを細かく編集できます。

上達方法

一眼レフには様々な機能がありすべてを使いこなすのには時間がかかります。使える撮影方法を徐々に増やし場面ごとに引き出せるようにしましょう。

気になった機能を使いこなせるまで使ってみてマスターし、その積み重ねでできることを増やしていきましょう。

どうやって撮っているかわからない写真でも色々なテクニックを知っていくと分かるようになります。自分が好きな写真家の写真を見るだけでもかなり勉強になると思います。

テーマを決めて撮影することも大事です。自分が取った写真を見て何を感じてほしいか何を伝えたいかを考えて撮りましょう。

まとめ

一眼レフを手に入れたらとりあえずオートでもいいので撮影しに行きましょう。何枚も撮ることでこの構図が良いとかここをぼかしたいなど色々思うことがあると思います。そこから本を買ってみたりネットで調べるて実際のトライして見ると良いと思います。今の時代はデジタルですから何百枚撮っても1枚納得の行くものが撮れればいいのです。その納得行く1枚にたどり着くまでの時間を短くしていくために知識を付け、色々な作品を見て研究するといいと思います。

そして作品をSNSなどで発表していくのもいいと思います。Instagramなどハッシュタグ(#○○)をつけるだけで海外にも発信できます。人の目に触れて評価されることで自信もつき良い写真がどんな写真かわかってくると思います。

 

いかがでしたでしょうか。自分のセンスに挑戦する趣味。

グラフィックデザイン、写真どちらも趣味として突き詰めればかなり奥深いです。趣味から仕事につながる可能性もあります。

どちらもセンスを磨きたい人にとってはおススメの趣味です。

デザインも写真もコンペがたくさんあり採用されれば賞金がもらえたりするので挑戦してみるのもありです。

中古でも綺麗な写真が撮れる「中古カメラ」

中古カメラの概要 中古カメラとは、誰か他の人が以前所有していたカメラのことを言います。手に入れるには中古製品を扱っているお店を訪れるか、オークションなどで中古...

自分のセンスに挑戦する趣味一覧

  • インスタグラム
    若い女性の方からお年寄りのかた、今では誰もが知っているといっても過言ではないインスタグラム。 ...
    詳しく見る
  • 現実とは違う世界観「アニメ鑑賞」
    アニメ鑑賞概要 アニメ鑑賞概要ですが、主にテレビ作品やインターネット上でのオリジナルアニメを楽しむ...
    詳しく見る
  • 一人でも夢中になれる「ゴルフ」
    ゴルフ概要 ゴルフ概要ですが、ゴルフクラブを利用して球を飛ばし、グリーンにある穴に球を入れるゲーム...
    詳しく見る
  • 女子力際立つ「アクセサリー作り」
    アクセサリー作り概要 アクセサリーとは、洋服等に合わせてつける装飾品の1つです。 アクセサリーに...
    詳しく見る
  • 眺めているだけでも楽しめる「ハーバリウム」
    ハーバリウム概要 ハーバリウムとは、押し花等を含めた植物標本をさす言葉で、近頃ではドライフラワーや...
    詳しく見る
  • アイシングクッキー
    アイシングクッキー概要 粉砂糖や卵白を混ぜて作ったアイシングで、クッキーの表面をデコレーションした...
    詳しく見る
  • 運動が苦手な人でも続けられる「エクササイズ」
    エクササイズ概要 エクササイズ概要は、運動をすることによって体の健康を維持したり、健康になることを...
    詳しく見る
  • 非日常を体験できてリフレッシュ「旅行」
    旅行概要 趣味とは仕事や職業としてではなく、個人が楽しみとしている事柄を指します。特に自由に時間が...
    詳しく見る
  • ゲーム・アニメ好きにはもってこい「パチスロ」
    パチスロ概要 パチスロはスロットマシンをパチンコ台の空間に入るよう製造されたもの。パチンコを設置し...
    詳しく見る
  • 個性が光る「折り紙」
    折り紙の概要 1枚の紙を切ったり貼ったりすることなく、立体的な模型にしてしまう日本の伝統的な芸術で...
    詳しく見る
  • 書類を書いても恥ずかしくない文字に!「書道」
    書道の概要 文字の美を追求するために生まれた芸術です。 パソコンが普及し、手書きの文字を書く機会...
    詳しく見る
  • 地味に見えて奥が深い「バドミントン」
    バドミントンの概要 シャトルという球をコートの中で打ち合うスポーツです。 すべての球技の中で一番...
    詳しく見る
  • 昔の乗り物を体験しよう「乗馬」
    乗馬の概要 馬に乗って優雅に走るスポーツです。 昔から乗り物用の家畜として育てられた馬ですが、近...
    詳しく見る
  • 室内でチームと走り回る「フットサル」
    フットサルの概要 室内で行われるサッカーと同じようなスポーツです。 1チーム5人で行うスポーツで...
    詳しく見る
  • チームを作って楽しもう「野球・草野球」
    野球・草野球の概要 野球は1チーム9人でプレイするチームスポーツです。 観戦も楽しいですが、...
    詳しく見る
レビューを投稿
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを投稿する

「自分のセンスに挑戦する趣味」の動画一覧

お気に入り趣味ランキング

  • インスタグラム
    若い女性の方からお年寄りのかた、今では誰もが知っているといっても過言ではないインスタグラム。 ...
    詳しく見る
  • 一人でも夢中になれる「ゴルフ」
    ゴルフ概要 ゴルフ概要ですが、ゴルフクラブを利用して球を飛ばし、グリーンにある穴に球を入れるゲーム...
    詳しく見る
  • 女子力際立つ「アクセサリー作り」
    アクセサリー作り概要 アクセサリーとは、洋服等に合わせてつける装飾品の1つです。 アクセサリーに...
    詳しく見る
  • 眺めているだけでも楽しめる「ハーバリウム」
    ハーバリウム概要 ハーバリウムとは、押し花等を含めた植物標本をさす言葉で、近頃ではドライフラワーや...
    詳しく見る
  • アイシングクッキー
    アイシングクッキー概要 粉砂糖や卵白を混ぜて作ったアイシングで、クッキーの表面をデコレーションした...
    詳しく見る
  • 資格取得で自分に自身がもてる「資格取得」
    資格取得の概要 日本には国家資格から民間資格まで、いろいろな資格が存在し、これを取得することで自分...
    詳しく見る
  • 高齢者の方も大活躍「ゲートボール」
    ゲートボールの概要 ゲートにボールを通過させ、最終的にゴールポールに早く当てることを競う5人1組で...
    詳しく見る
  • コスパ最強!ストレス軽減「瞑想」
    瞑想概要 瞑想とは目を閉じて考えることを指し、こちらを行うことによってストレスを軽減させたり、今ま...
    詳しく見る
  • 豊かな音で聴く人を魅了する「トランペット」
    トランペットの概要 おもにオーケストラで利用される、3つのピストンを使って音を奏でる金管楽器です。...
    詳しく見る
  • センスを形にしよう「手芸・ハンドクラフト」
    手芸・ハンドクラフトの概要 財布やアクセサリー、ぬいぐるみなど、世界に1つだけのオリジナル作品を作り...
    詳しく見る
  • 小さいお金を大金に!「株取引」
    株取引の概要 株式会社が発行する株式を購入し、それを売買したり、見返りをもらったりすることで生活を豊...
    詳しく見る
  • 趣味にするだけで女子力アップ!「お菓子作り」
    お菓子作りの概要 その名の通り、お菓子を作ることを趣味としたものです。 自分の好きなものを作り、食...
    詳しく見る
  • 仲間や友達が出来るかも!?「ゲームセンター」
    ゲームセンターの概要 プライズゲーム(クレーンゲームなどの景品がもらえるもの)や、ビデオゲーム、メダ...
    詳しく見る
  • 自由な旅で人生経験を豊富に「バックパッカー」
    バックパッカー概要 まず、バックパッカー概要として簡単に説明していきます。そもそもバックパッカーとは...
    詳しく見る
  • 挑戦する楽しさ「ボルダリング」
    ボルダリング概要 ボルダリングは、大きな岩を登るロッククライミングの一種です。より詳細に分類すると、...
    詳しく見る
  • 毎日の頭の体操に「ルービックキューブ」
    ルービックキューブの概要 ルービックキューブは、3×3の面が6面で構成された立方体のパズルゲームです...
    詳しく見る
  • 水々しい絵で心も安らぐ「水彩画」
    水彩画の概要 水彩画は、水彩絵具で描く絵画の趣味です。 水溶性の絵の具で描くため、他の絵画よりも薄く...
    詳しく見る
  • 特徴を見抜け「ものまね」
    ものまねの概要 ものまねとは、もの、人、動物のまねを声や体を使い表現することです。良く観察しなりきる...
    詳しく見る
  • 水しぶきを浴びながら激流を下ることでスリル感が体感できる「ラフティング」
    ラフティングの概要 ラフティング(rafting)とは、ラフト(いかだ)を使用して川下りを楽しむ人...
    詳しく見る
  • 驚き、不思議をもたらす「不可能ボトル」
    不可能ボトル概要 不可能ボトルは、もしかしたらボトルシップのようなものかと思われるかもしれません。...
    詳しく見る