迷路の概要

迷路とは、普通に進んでもすぐにはゴールにたどり着けないような、複雑に入り組んだ道のことです。
伝統的には造園の一環として庭園等に設けられていたもので、現在はアミューズメントパーク等にありますが、人間が直接入れるようなサイズのものから紙の上に書かれたものまであり、「いかに早くゴールにたどり着けるか」を競って楽しむことができます。

迷路の詳細

スタート地点からゴールにたどり着くまでの手順は、一通りしかない場合と複数通りある場合がありますが、ゴールにたどり着くための方法には大きく分けて二つあります。
一つは手探りと直感で進むものですが、アルゴリズム(特定の方法によって解を導く手順)を覚えることで速くゴールにたどり着ける場合もあります。
ある迷路に対してどのアルゴリズムが最も適しているかはやってみるまでわかりませんが、簡単なものとしては、右側の壁沿いをひたすら進むものや、一度通ったところがわかるように印をつけていくものなどが有名です。

迷路のはじめ方

迷路はルールだけを覚えればよく、特に必要な前提知識や特殊な道具を必要としないため、誰もがとても気軽に始めることができます。
人間が入れるサイズのものであればそうしたものを作るか、そうしたものがある場所へ行く必要がありますが、たとえば迷路がたくさん掲載されている本を買ってくれば、鉛筆一本で楽しむことができます。
様々なアルゴリズムを覚えてとにかくスピードだけを競うのもよいですが、あえて知識をとり入れずに自分の経験だけでスキルアップしてゆくといった楽しみ方も可能です。

おすすめの記事