麻雀の概要

麻雀は、中国発祥の4人でできるテーブルゲームです。
136枚ある牌を引いたり捨てたりしながら、手牌で役をそろえていきます。
初めての人にとってはルールがややこしいイメージがあるかもしれませんが、基本的なルールを覚えるだけであればそれほど時間はかかりません。
麻雀は奥が深く、多くの人に親しまれており、愛好家の方も少なくありません。

麻雀の詳細

徹マンとは、徹夜で麻雀をおこなうことをいいます。そんな言葉があるぐらい、麻雀は長く遊ぶことのできるゲームです。
基本的には4人で行うゲームですが、3人用のルール(三人麻雀)も用意されています。5人用は用意されていないので、5人の場合は1人余ることになります。
麻雀にはプロ団体が存在しており、そこに入ることで麻雀のプロになることができます。

麻雀のはじめ方

麻雀を始めるには麻雀牌とテーブル、そしてプレイヤーが3人以上必要ですが、インターネットを利用することによりパソコンさえあれば誰でもプレイすることが可能です。
オンライン対戦麻雀ゲーム 天鳳」は、オンライン対戦のできる麻雀ゲームです。
ほかにも、ゲーム機で多数の麻雀ゲームソフトが販売されていたり、ゲームセンターでは「麻雀格闘倶楽部」というゲーム機も置いてあります。

おすすめの記事