革細工概要

革細工概要は革を使って工芸品を作ることで、ひとりで手軽にできることから、最近では人気のある趣味のひとつになっています。

革細工始め方

そんな革細工の始め方ですが、革細工は基本的に裁縫と同じように生地を切り、縫製や接着する作業が主となります。

もちろん、作業をする際の下敷きや皮を裁断するカッターなどは100均にあるようなものでも代用できますが、皮は布と違い硬いので専用の道具を使った方が怪我の心配がありません。また、その他にも縫い糸や金具といった物から、革を磨くための道具や縫い代を彫ったり、縫い穴を開けたりするための革ならではの道具も必要です。

このようなことから、まずは革細工に必要な道具がセットになったものを用意することがオススメです。最初はセットで道具を揃え、そこから必要に応じて道具を集めていきましょう。中には古く貴重な道具などもあり、道具をコレクションすることも革細工の醍醐味のひとつです。

また、革細工を始めるのには、道具だけではなく主役の革が必要ですが、革にも様々な種類があり、それぞれの特徴も異なっているので、自分の作りたい革細工に合わせて専門店などで革を購入しましょう。

革細工の魅力

こうして準備ができたらいよいよ革細工作りですが、キーホルダーなど簡単なものであれば、意外なほどすぐにできてしまいます。このように、子どもでもできる手軽さも革細工の魅力ですが、もちろんそれだけではありません。

革細工には職人がいるように、その作業はとてつもなく奥が深く、例えば縫い穴を開けるだけでもその穴がいかに細かいピッチできれいに揃っているかといったことや、コバと呼ばれる革の縁の部分がどれだけきれいに磨かれ処理されているかなど、細かな部分にまでこだわって技術を磨いていく楽しみもあります。

他にも革は品質の高いものになると、ため息がでるほど美しいだけでなく、耐久性など機能面でも優れていますが、自分の技術が向上していくと、今度はそれに合わせて質の高い革を使ってみたいという欲求も出てきます。

また、出来上がった革細工は世界でひとつの作品となりますが、革細工は完成してそれで終わりというものではありません。革は新品でも美しく魅力的ではありますが、新品の革というのはまだ硬さも残っていて、どことなく無機質な雰囲気がありますが、使い込んでいくうちにどんどん表情が変わっていき、愛着が沸くものです。

しかし、これはきちんと革細工を手入れしてこそであって、ただ革細工を使っていれば良いというわけではありません。つまり革細工とは自分で作るだけではなく、作ったものを手入れしたり、時には再縫製するなど手直しすることまでが含まれているといえます。

このように革細工は質を上げることで、一生お付き合いできるアイテムにもなります。

世界に一つだけの贈り物

他にも、最近ではネット上のフリーマーケットなど、自分が作ったものを簡単に売ることも可能です。革細工を仕事にしていくことは難しいかもしれませんが、自分が作った革細工が知らない誰かの手に渡り、使ってもらえるというのもまた、モノづくりの楽しみのひとつです。

また、革ででてきた製品というのは意外と身近なところに溢れていて、スマホカバーなども作ることができます。家族や友人に革細工をプレゼントすれば喜ばれるに違いありません。

気軽にチャレンジしてみましょう

なお、革細工の中には靴づくりのように木型や特殊な技術が必要な場合もありますが、靴工房などで本格的な靴づくりを教えてくれる教室なども増えています。

財布やキーホルダーなどを自分で作るという話はよく耳にしますが、本格的な革靴まで自分で作るというのは珍しいはずですので、好きな人はチャレンジしてみるのと革細工をより深く楽しむことができるでしょう。

「革細工」の動画一覧