レーザー作りの概要

レーザー作りと言うのは広義の意味においては、レーザーを利用している機器でもある、プリンター、レーザー加工機、コンサートなどの時に演出用として利用されるレーザー、CDやDVDと言った読み取り用のレーザー作りなどが有ります。
因みに、レーザー作りを行う上で注意を要する事は、レーザーの光を直視してはならないと言う事です。

レーザー作りの詳細

レーザーの中でも半導体レーザーは、レーザー作りを用にさせてくれる半導体であり、半導体レーザーは発光ダイオードと似たような形状をしているのが特徴です。
また、レーザー発振の条件を満たした発光ダイオードと言う事からも比較の対象となり、取扱などに付いても発光ダイオードと同じく、極性を持つことからも製作を行う上ではアノードとカソードと言った極性を間違えずに電子回路を作り出す必要が有ります。
尚、半導体レーザーの光と言うのは波長や振幅にバラつきが無く、共振器内部の中を往復しながら細いビーム状になって放射されると言う特徴を持ちます。

レーザー作りのはじめ方

半導体レーザーを利用してのレーザーの作り方は、電子部品を販売するお店で回路に合う半導体レーザーを購入し、基板に挿入をしてから半田付けを行うと言った流れになります。
回路に電気を印加させることで半導体レーザーの頭の部分が光り、部屋の中を暗くすると、その光がビーム状になって放射されることになります。
尚、先ほども説明を行ったように、レーザーの光は失明を起こす危険性が高いため、電子回路に電気が印加されている間は半導体レーザーの光を直視する事は控える事が大切で、調整などを行う場合は必ず電源をオフにした状態で行う事が大切です。

おすすめの記事