気象学の概要

気象学とは、地球の大気中に生じる諸現象を研究する学問のことです。自然科学・地球科学の分野に含まれます。

気象学の詳細

私たちの生活に関わりが深い気象。毎日チェックしている天気予報も気象の観測に基づいて行われていますね。こういった気候や大気に関わる全ての現象について学びます。古代ギリシャ時代から長年にわたって研究は続けられています。
観測技術は現在も常に発達し続けています。まだまだ未知の現象はたくさんありますし、既知の現象の解明も進められています。

気象学のはじめ方

気象学の発展は地道な観測に支えられています。細かい記録の積み重ねが、私たちに深く影響する大きな現象の解明に繋がるのが、気象学の魅力です。
誰もが小学校で習うので、気温の上がり下がりや雨の降る仕組みを覚えていらっしゃる方も少なくないでしょう。あまり学問だと力まず、その延長だと思って楽しむところから始めてみてもいいかもしれません。
座学だけではなく、実際に自分で観察も行い、全身を使って学問を楽しみましょう。

おすすめの記事