キノコ狩りの概要

キノコは、菌類の大きいものをいい、日本国内だけでも4000〜5000種類するといわれています。
食べられる食用キノコと、毒のある毒キノコがあります。
また、キノコは環境を整えることで栽培することもできます。

キノコ狩りの詳細

キノコを狩るためにはキノコの知識をつけていく必要があります。毒キノコを間違えて食べてしまうのは非常に危険だからです。
キノコは植物と同じく、季節によって生える種類が違います。
キノコを採取するためには山に入る必要があるので、遭難や危険な動物に気をつけなければなりません。

キノコ狩りのはじめ方

キノコ狩りにはそのキノコの種別を判断するための図鑑が必要です。ただし模様やカタチは状況によりけりなので、判別をすべて図鑑に頼ることはできません。
キノコを探すには山に入る必要があるので、長袖と長ズボン、軍手などを着用しなるべく肌を露出させないようにします。
遭難しないように方位磁石や地図も持っていくといいと思います。
袋はビニール袋などではなく、細かな穴の空いたカゴが良いです。キノコは胞子をばらまいて増殖するので、カゴに入れて持ち運べば胞子が山に落ちてキノコがまた生えてきやすくなります。

おすすめの記事