絵画収集の概要

絵画収集とは、美術品である絵画をコレクションすることです。

絵画収集の詳細

ひとくちに絵画といっても、絵ですから画家によって様々なものが描かれています。媒体も紙だけでなく布、皮、ガラスなど、絵具は油絵、水彩、クレヨン、墨、ボールペンなどと様々です。絵画を選ぶ際は自分の好みから直感で選んでも構いませんし、例えばモチーフ(花、女性、水など)、大きさ、予算、技法(油彩、水彩、パステルなど)などからも選んでみてください。

絵画収集のはじめ方

絵画を購入しようと思い立ったら、百貨店もしくは画廊に赴きましょう。もちろんネットの時代ですから、インターネットで気に入った絵を購入することもできます。ですが購入の前に絵画の素材やその技法など、ひとまず実際に目で見てみることが大切です。

また、画商に騙されて高額の贋作を購入させられないように目を養ってください。日本人はどうも権威に弱いところがありますので、作家が有名であれば絵の良さなど二の次で購入してしまうことがあります。画家の名前に惑わされず、自分が本当に素敵だ、これはいい、と思った絵を購入してください。

たとえそれが巨匠でない、無名の画家の作品であっても、心の込められた絵であればあなたの心に響いてくるはずです。知識も大切ですが、それよりもまずできるだけ多くの美術品に触れ、よい作品をよいものと見極める感性を身に付けましょう。

おすすめの記事