ジャグリングの概要

ボールやクラブを空中で投げてキャッチするトスジャグリングの他にも、3つの箱を投げて入れ替えたりするシガーボックス、2本の棒で1本の棒を自在に操るデビルズスティックなど、たくさんのジャンルが存在しています。

どれも上手く行うには練習が必要で、出来たときの喜びはなかなかのものです。

ジャグリングの詳細

日本ジャグリング協会」では年に1度、JJFといわれる祭典が開かれます。

そこでは、ジャグリングを見て楽しんだり、実際にジャグリングでチャレンジすることができます。

また、パフォーマンスの上手さを競うチャンピオンシップも行われます。

ジャグリングにはいろいろな種類があるので、その中からどれか1つを極めてもいいですし、たくさんのスタイルを楽しむのもいいと思います。

ジャグリングは両手、全身、集中力を使うので脳にも身体にも良い効果が期待できる趣味です。

ジャグリングのはじめ方

ジャグリングにはいろいろな種類があるので、まずは何から始めたいのかを決めていきましょう。
特にこれといった希望がない場合は、より多くの人が取り組んでいる「ボールジャグリング」をオススメします。
ジャグリング用のボールだけでもいろいろな種類がありますが、「ビーンバッグ」と呼ばれるボールは落としても転がりにくいので扱いやすくて初心者には向いているようです。
はじめはまったく上手くできないと思いますが、身体が感覚を覚えるまでがんばりましょう。
上手くできるようになったら、ボールの個数を増やすだけでレベルアップできます。
また、トリックも多数あるので上達したら挑戦してみましょう。

おすすめの記事