発明概要

趣味のある人生は毎日を豊かにしてくれて生きている楽しみが増えるだけでなくわくわくした日々を過ごせる活力を与えてくれる素晴らしいものです。

そんな趣味のひとつに発明があり、毎日色々なアイデアで発明品を作っている人がいます。

発明といっても大がかりなものではなく小さなものから、自分だけが使うものまで、規模は人によって様々です。もちろん大きなものを発明して特許申請などをしている人もいるでしょうが、そうなるまでには小さなものをいくつもこなしているという経験をしているはずです。

最初は小さい事から初めて行く

最初から大きなものを発明しようとすると、簡単にはできないことで大きな壁にぶつかってしまいます。

まずは生活の中で気がついたことなどの小さなものから始めてみると発明の楽しさを味わうことができますよ。

発明概要は今はインターネットで検索すると色々なものがでてくるので、だいたいの概要はインターネットで調べる程度で十分でしょう。

もしも、書籍でしっかりと調べたいという時には、基本的なことが書いてある本を一冊用意しましょう。基本を押さえた後は、とにかくアイデアが勝負なので、机の前に座っているのではなくどこかへ出かけたり、家の中で不便に思っているところはないかを探したりすると、ふとした拍子にアイデアが浮かんでくるはずです。

座っていてもアイデアが浮かぶ人はいいですが、多くの人は動いている時のほうがアイデアが浮かびやすくなります。

発明の始め方

発明の始め方としてはこういった自分でアイデアを出すという方法もありますが、最初からアイデアがでてこないという人は手始めに何か物を作るということを始めてみるといいと思います。

手を動かしているうちに発明のネタが浮かんでくることがありますし、もしも何も思い浮かばなかったとしても、自分の手で実際に何かを作ってみると、準備から技術までの力をつけることができます。

発明は主に何かを作り出す作業がメインになるので、そうして手先の技術を高めておくことが非常に重要になります。

そして忘れてはいけないことが、準備が大切だということで、準備をする時には色々なことを想定して必要な物を揃えますが、色々な想定をするという作業を繰り返すことで発明したものをよりよく改良していくことができるようになります。

発明の魅力

発明は一度行って終わりというものではなく、その後に何度も改良を加えて常に進化させていけるところが良いところで、これが発明の魅力とも言えるでしょう。

一度発明したものを完成させてもそこで、アイデアを終わらせていては、素晴らしいものはできあがりません。常により良いものを作り出せないかと考え続けることで、新しいものを作り出す力がついていきます。

発明は生活にも役立つ

また、そうやって頭を働かせることで普段の生活でも無駄な部分を省いたり、改善策が思い浮かんだと、生活の中で柔軟に対応する力がついてくると思います。

発明は物事を色々な方向から見ることで新しい可能性を作り出すことなので、そういったことを繰り返しているうちに当たり前の毎日が当たり前ではなく新鮮なものに見えてきて、常に工夫をする生活が送れるようになりというメリットもあります。

そして発明がいくつかできるようになってきたら、同好会のような場所に参加してみると、他の人の発明を知ることができさらに刺激を受けることができます。

直接人と話すことが苦手な人はインターネット上なので発明したものを発表するという方法をとっても良いでしょう。

人に発明したものを見てもらうことで、自分のモチベーションのアップにつながりますし、発明したものを自分以外の人が使って便利に思ってくれるというのはとても嬉しいものです。

自分だけで発明を楽しむのもいいですし、人に使ってもらえるようなものを発明するのも違った楽しさがあると思います。

おすすめの記事