ハーモニカの概要

ハーモニカは、小さくて手軽で誰でも演奏することのできる楽器です。
一番単純な「テンホールズ・ダイアトニック・ハーモニカ(ブルースハープ)」は、10コの穴が空いていてそれぞれの音階を鳴らすことができます。
一方、「クロマティック・ハーモニカ」はテンホールズでは出せない半音をスライドによって出せるようにしたハーモニカです。
「複音ハーモニカ」は上下に同じ穴をつけてそれぞれでわずかにずらしたピッチの調整を行うことで豊かな音色を鳴らすことができるハーモニカです。

ハーモニカの詳細

ハーモニカの演奏は息を吸ったり吐いたりして行います。そのため、他の楽器ではできないような息継ぎなしの演奏ができます。
ポケットサイズのものが主流ですが、中には口の中に入れて演奏するタイプのものや、60cmほどの長さのものも存在します。

おすすめの記事