ハンドボールの概要

ハンドボールは、相手のゴールにボールを投げ入れて点数を競う、7人で行う球技です。

前半後半それぞれ30分の間にどれだけゴールにボールを入れられたかを競います。

日本での競技人口は少なめですが、国によっては盛んに行われているところもあります。ヨーロッパでは特に、国民的スポーツとして取り組まれています。

ハンドボールの詳細

パスとドリブルでボールを運んでいきます。ボールを持ったまま3歩までしか歩くことができない点やダブルドリブルをしてはいけない点などは、バスケットボールと似ています。

ゴールキーパーがいる点や、ゴールに力強くボールを投げ入れる必要がある点はサッカーに似ています。

ハンドボールは、バスケットボールとサッカーの要素を取り入れた球技ともいえます。

ゴールは高さ2m×幅3mと狭めですが、手で直接投げて入れられるため、ゴールキーパーがしっかり反射して守らなければ簡単に入れられてしまいます。

おすすめの記事