俳句の概要

五・七・五の定型詩の中に季語を入れ、その定められたルールの中で風情を楽しむ趣味です。

俳句として成立させる他のルールとしては「切れ」があることが必要です。

俳句の詳細

俳句には上手に見せるための技法がいくつか存在します。
1.詩因を捉える
2.分量をわきまえる
3.省略を巧みにする
4.配合を工夫する
5.わかる用語を使って
6.丁寧に詠む
(Wikipediaより引用)

俳句の世界に入れば、上記の要素以外にもいろいろな技術が身につきます。
言葉をうまく操り、日本語の素晴らしさや日本の素晴らしさを表現していきましょう。

おすすめの記事