グラフィティアートの概要

グラフィティアートとは、スプレーやフェルトペンを使って、壁や地面などに描かれた落書き・絵のことです。

グラフィティアートの詳細

基本的に落書きであり、公共物である壁やトンネル、電車等に描かれるため公共物破損の犯罪行為に当たりますが、芸術性の高いグラフィティは数多く存在し、アートとして高く評価を受ける場合もあります。有名になったグラフィティアートのライターもいますが、やはりアンダーグラウンドの世界ではあります。

グラフィティアートのはじめ方

グラフィティには独特の「描き方」が存在します。いきなり自己流でやるのではなく、まず描き方を学び、それから独自のアートを確立させていきましょう。スプレーから飛ぶ有害な物質を吸引しないためのマスクの入手も忘れないでください。
また、リバース・グラフィティと呼ばれるものもあります。こちらは通常のグラフィティと違い、塗料を使って落書きをするのではなく、壁や車などの汚れを落として綺麗にすることでアートを描く手法を取ります。汚すのではなく逆に綺麗にしてしまうので、法律としてはグレーゾーンに当たり、環境問題に対するメッセージや、ゲリラ的な広告に使用されます。

おすすめの記事