ゴルフ概要

ゴルフ概要ですが、ゴルフクラブを利用して球を飛ばし、グリーンにある穴に球を入れるゲームです。審判が存在しないゲームなので、フェアプレーの精神を持って行う事が推奨されており、紳士のスポーツとして古くから愛されています。

 

ゴルフの始め方

ゴルフの始め方ですが、初心者の場合は独学でゴルフを覚えるのが難しいので、知り合いに経験者が居れば、教えてもらうか、知り合いにもゴルフの経験者が居ない場合には、ゴルフスクールに通うのも一つの手段です。

ゴルフスクールならスイングの方法からゴルフに大切なマナーまで一通り教えてもらう事ができるので、初心者にもゴルフの楽しさを理解する事が出来ます。また自分でゴルフクラブを持っていない場合にはゴルフクラブの購入も行いましょう。

レンタル用品でゴルフクラブを貸出しているゴルフ場もありますが、使い慣れた自分だけのゴルフクラブを持つほうが上達するのも早くなります。

ゴルフクラブは高級な物もありますが、初心者向けのゴルフクラブセットも販売されているので、初めから高級なゴルフクラブを購入する必要はありません。まずは安価な初心者向けのゴルフクラブを購入してゴルフを楽しむようにしましょう。

 

ゴルフの魅力

ゴルフの魅力はいくつかありますが、審判がいないので、普通のスポーツと違って、自分のペースで進める事が出来る点です。またゴルフが好きな方は多いので、色々なプレイヤーとゴルフを楽しむ事ができるのも魅力です。

初めてゴルフをする場合にはなかなかゴルフボールにゴルフクラブを当てる事ができませんが、慣れてくるとゴルフクラブに当てる事が出来るようになり、ゴルフボールを遠くに飛ばす事が可能になります。

プレイする回数が多くなれば多くなるほど、慣れてくるので、スコアを縮めたり、簡単にグリーンに乗せたりする事も出来るようになってきます。

ここまで来るとゴルフの魅力を実感する事ができますが、初心者の場合は少し時間がかかる事もあるので、焦らずに上達していきましょう。

初めてゴルフをプレイする時には緊張してしまいますが、慣れてくれば、徐々に緊張もしなくなります。中々ゴルフボールに当てる事の出来ない場合は、打ちっぱなしの練習場を利用してみるのも良いでしょう。

ゴルフ場を回るのではなく、ゴルフボールをひたすら打つことに集中できるので、自然と緊張もしなくなります。打ちっぱなしで慣れる事ができれば、実際にゴルフ場に行った時でもスコアや飛距離をのばす事が可能です。

 

運動不足の解消にも

他にもゴルフの魅力として、ダイエットにも最適なスポーツなので、日頃の運動不足を感じている方にはお勧めです。

ゴルフ場のホールは広々としており、いくつものホールを回るととても良い運動になります。またゴルフクラブをスイングする動作は筋肉にも刺激を与えてくれるので、筋肉を鍛える事も可能です。

更にゴルフボールを遠くに飛ばす事ができるようになると爽快感を得る事ができるので、ストレスの発散にも繋がります。

 

上司とも仲良くなれる?

ビジネスマンの中にはゴルフを趣味にしている人も多く、会社の上司などがゴルフ好きの場合には打ち解けあう事も可能です。仕事上の付き合いでは、なかなか本音を語る事が難しいですが、ゴルフと言うスポーツを通して語り合う事で、お互いの仲も深まります。

ビジネスの場に置いても趣味を共有するのは、良い方法になるので、一度はゴルフを体験しておくのも良いでしょう。

 

必要な道具と予算

初めて体験する場合にはレンタル用品が置いてあるゴルフ場を選ぶ事で、ゴルフクラブを自分で用意する必要もありません。始めるのに敷居も低いので、安心です。

一度試してみて、自分に合いそうだと感じた場合には自分自身でゴルフクラブを揃えるようにすれば、先に購入した場合に比べて、リスクもないので、安心です。

<必要な道具>

ゴルフクラブ、バッグ、シューズが必要です。また、ゴルフ場でプレイされる場合、襟の付いたシャツなどを用意する必要があります。

<予算>

道具代(ゴルフクラブ、シューズ、服装)100,000円程度〜、プレー代(ゴルフ場) 10,000円程度〜 (1回)、練習代 1000円程度〜 (1回)

ゴルフ初心者のためのコースを回るのに最低限必要なクラブ

ゴルフをはじめる初心者にとってまずあたる壁がゴルフクラブなにがあったらコース回れる?って所ですよね?

ゴルフクラブって結構なお値段がしますので、初心者のうちから全てを揃えたい!という人よりもコースを回るのにあまりお金をかけずに必要なクラブだけ欲しいという人のほうが多いと思います。

そんな人のためにコースを回るのに最低限必要なクラブの紹介をしていこうと思います。

コースを回る上で最低限持っておきたいゴルフクラブ

・ドライバー

・7番アイアン

・8番アイアン

・9番アイアン

・サンドウェッジ

・ピッチングウェッジ

・パター

この7本があればとりあえずはコースに出ても大丈夫でしょう。

コースに持って入っていいクラブは14本なのですが、プロでもこの14本全てをコースで使うことは少ないです。

初心者の練習方法

初心者のうちはこの7本を極めることから始めていきましょう。
この7本の中で練習していきたい順番が、ピッチングウェッジ→その他アイアン→ドライバー→パターの順に練習していけばいいかなと思います。

アイアン、ドライバーに関しては近くのゴルフ練習場を活用しましょう。

ゴルフ練習場は場所により価格などが異なってくるので、初心者のうちは安い所で練習すればいいと思います。

最初からドライバーでかっとばしたい!っていう気持ちはすごくわかるのですが、まずアイアンを上手くなるのがゴルフで上手く回れるコツです。

アイアンは飛ばす!というイメージよりもキレイにボールをすくうというイメージで打ちましょう。

アイアンが上達してきたなら、ドライバーに挑戦してみましょう。飛ばしたい飛ばしたい!という気持ちを抑えて軽くスイングする気持ちで打ってみましょう。

最初はいい当たりをしても右にボールが曲がったり、左にボールが曲がったりします。まっすぐにキレイにドライバーを打てるようになったらグッジョブです。

管理人もドライバーをまっすぐ飛ばすのには苦労しましたよ・・・・(笑)

ドライバーをまっすぐキレイに飛ばせるようになったら、残すはパターの練習です。

パターって玉をコツンと当てて簡単そうだな!と思われがちですが、一番むずかしい難関かもしれません。

力加減や芝を読むこういう所すべてを考慮して打たないとカップには中々入ってくれません。
パターゴルフ場などもあるので、そういう所で練習するといいかもしれませんね。コースを回る前にもパター練習場のようなものがあると思うので、上手く活用してくださいね。

初心者必見!ゴルフクラブの選び方とオススメクラブセット6選 - ゴルフ

2018,5,14 まとめ

初心者のうちは色々どうしていいかわからないものだと思います。管理人もそうでした!

ただ一番手っ取り早いのは、やはり近くのゴルフをしている友人や知り合いにアドバイスをしてもらうのがベストですよね。

少しずつ初心者から卒業していき、いいスコアでコースを回れるようになったらもっとゴルフという趣味がもっと楽しくなるはずです!

 

 

 

おすすめの記事