占いの概要

星占い、タロット占い、手相占いなどなど、人の運命や運勢を判断するための趣味です。
占いには、命(めい)・卜(ぼく)・相(そう)という3種類の分類があり、状況により使い分けたり組み合わせたりすることでより良い効果が生まれます。

占いの詳細

手相占いや風水占いなどは、相(そう)の占いと呼ばれ、目に見える対象から吉凶を占います。

これらの分野は、ある程度のタイプとその意味さえ覚えれば(たとえば、手相の生命線はその人の健康や寿命を表す、と覚えれば)、多くの状況で使うことができるので、誰でも簡単に学ぶことができます。

命(めい)や卜(ぼく)の種類の占いは、出てきた結果に自らが意味を見出さなければいけないため(たとえば、タロット占いで死神のカードが逆さまで出てきた、その意味は自分で考えなければいけない)、少し上級者向けの占いともいえます。

占いのはじめ方

手相や風水、夢占いなど、人やものの状態を占う「卜(ぼく)」の分野に取り組んでみるのが良いと思います。
これらは知識を身につけるだけですぐに実用できるので、覚える楽しみがあります。

おすすめの記事