英会話概要

おすすめの趣味として英会話はどうでしょう。英会話は誰もがマスターするとさまざまな事が出来るとイメージしているのではないでしょうか。趣味としても楽しめますが、仕事や将来性などを考えても英会話は魅力的である事に間違いはありません。

英会話概要は言うまでもなく、聞く事と話すことです。人によっては文法を覚えるということを考える人もいるかもしれませんが、実は文法は会話という事だけを考える時にはそれほど重要ではありません。子供に英語を教える時に、文法を教える事はないでしょう。

日本語でも話すことを子供に教える時に文法よりもまず話して聞く事を最優先に教えていくはずです。書くことも後でいいでしょう。

 英会話の始め方・魅力

お勧めの英会話の始め方は留学です。これ以上の方法はないといってもいいでしょう。英会話の魅力は異国の人と話すことですが、これが最初から出来てしまうのが留学という方法になるわけです。良く習うより慣れろという事をいいますが、こうした会話の習得では全くこの諺が当てはまります。

いろいろと無駄な事を考える暇があったら、その言葉しか話すことが出来ない環境に自分を置いて無理やり話すようにすれば誰でも話をすることは出来るようになります。

よく出来ない人は難しいといいますが、言葉に難しいという事はありません。それはほとんどの人が習得している事でも分かります。読み書きとなると難しいという事はありますが、こと会話に関しては全く難しいという事はなく、誰でも出来る事です。

日本でも昔は読み書きは出来る人が少なくて、会話だけ出来る人がいるという時代が長くありました。そのような時代では読み書きを教わらないと、読み書きはなかなか出来ないものでしたが、会話が出来ないという人はいませんでした。このことは、誰でも会話は出来るようになるということを証明しています。

英会話をやってみることが大事

よく、日本人が英会話は苦手というようなことを言いますが、それは苦手ではなくやっていないだけの間違いなのです。やれば誰でも話をすることが出来るようになるというのが言葉だということを知っておいた方がいいでしょう。良く、数か国語を話す人がいるというと、凄いというように感じるますが、当人は別に凄いともなんとも思っていません。

単にその言葉が話せる環境にいたというぐらいの感覚でしょう。言葉というのは人が意思疎通を図るのにとても、簡単にそれが出来るようにしたものですから、簡単なルールによって成り立っているものです。それが難しいはずはありません。

日本は英語というものを学習によって習得させようとしました。これが間違いの元だったわけです。別に会話は習って覚えるようなものではありません。逆に習って習得できるようなものでもありません。ただすべきなのはひたすら人と話すことだったのです、

話すこと・聞く事の重要性

つまり人は話すこと、聞く事でその言葉を覚えていくものであって、決して勉強して、その言葉を話すようになるというわけではなかったのです。

この勘違いが後の日本人の英語が苦手という意識を植え付けることになったのです。会話力を点数で判定する事など出来ません。日本人に日本語がどれだけ話せているか点数を付けるなどというと意味が分からないというはずです。

それを英語だと出来るというのはいかに、これまでの日本の英語教育が間違っていたかが分かります、現にテストで高得点をとれても全く会話が出来ないという人が続出しています。この事を見ても英会話を習得するにはひたすら喋るという事が必要だという事が分かるはずです。

これは趣味でするとしても同じです。ですから、英会話をするのであれば、出来るだけ多く話をすることが出来るところを選ぶようにしましょう。

おすすめの記事