映画鑑賞概要

映画鑑賞概要とは、すなわち映画を目で見て楽しむことです。映画鑑賞の魅力についていくつかご紹介していきます。まず映画鑑賞の始め方に専門的知識は必要ではない点です。というのも大概の趣味というのは、さしあたって事前に専門知識や予備知識の習得が必要とされます。

ですが映画は専門的知識は必要ではありません。つまり気構えることなくただ見て楽しむことができ、敷居が低いため誰でも気軽に楽しめるところが最大の映画鑑賞の魅力だと言えます。

映画鑑賞の始め方

次に低単価でコストパフォーマンスが非常にいいという点です。趣味を始める際にまずいくらかかるのか考えると思いますが、映画は他の趣味と比べてもかなり安いです。自宅で手軽にゆっくり鑑賞したい方におすすめしたいのがレンタル視聴です。

レンタルは旧作であれば100円、新作でも200円といったところです。また、レンタルショップにわざわざ行かなくてもネットで簡単に借りることが出来ます。

新作でもないしDVD借りに行くのが面倒・・・

古い映画を観たいという方におすすめしたいのがパブリックドメインです。パブリックドメインとは映画の著作権が公表から70年ありますがその保護期間を満了した作品のことを指し、パブリックドメインDVDとして格安で購入することが可能です。

例えばあの有名な不朽の名作「ローマの休日」や「風と共にさりぬ」、「雨に唄えば」などがそうです。さらに、日本では未公開の作品や正式販売されていなかった作品などもパブリックドメインとして購入することも出来ます。

映画館で鑑賞する魅力

また大きなスクリーンで臨場感を楽しみたい方は映画館に足を運んで鑑賞するのもいいでしょう。映画館で鑑賞する魅力といえば、大画面で見れるだけだと思われがちですが実はそれだけではありません。

ここ最近映画館の映像技術や音響技術はめまぐるしく進歩しているからです。最新技術ではなんとただ見るだけではなくアトラクション感覚で楽しむことが出来たりとアトラクション感覚で楽しめ映画のあり方自体が変わってきています。

映画館の最新技術 4DX?

それでは最新技術をご紹介してまいりましょう。最新技術の中でももっとも注目を浴びているのが4DXです。

4DXは、映画のシーンに合わせてモーションシートが前後左右に動いたり、時には水が降ったり風が吹いたり、煙が出たりとさながら映画の中にいるような臨場感を目だけでなく、全身で味わい体験することが出来てしまうのです。

映画館の料金

さて映画館の料金ですが、大人が1800円、シニア(60歳以上の方)が1100円、大学生や専門生は1500円、中高生や小学生は1000円となっており、学生の方は生徒手帳を提示することで学割を受けることができます。

レンタルと比較すると、1800円というお値段はちょっと高いように思われますが、実は学割の他にもお得に映画を見る方法があるのです。ひとつは前売り券で、この映画は絶対見たいなどあらかじめ観ることが決まっているという場合ならば前売り券を買うことをおすすめします。

当日購入だと1800円かかりますが、前売り券なら1400円で観ることができます。さらに毎月1日は映画の日ということにちなんでファーストデーというのが設けられていて、1100円で観れてしまうのです。

水曜日はレディースデーで女性は1100円、劇場にもよりますがモーニングショーで平日午前の初回上映なら1300円、毎日20時以降ならレイトショーで1300円で観ることも可能です。これも映画館によりますが、独自の曜日割引などもあるので気になる方はぜひ各映画館のホームページをチェックしてみてはいかがでしょうか。

ここまで映画の魅力など映画について語ってきましたがいかがでしたでしょうか?新たに趣味を始めたい方の参考に少しでもなれれば幸いです。

おすすめの記事