大食いの概要

大食いとは、大量に食べ物を摂取することです。

大食いの詳細

大食漢というと体の大きい人を思い浮かべますが、本当によく食べる人はいわゆる「痩せの大食い」、細身の人が多いです。たくさん食べられる人は、通常とは桁違いの量を摂取することができます。胃の動きが活発で食べ物が腸に運ばれるスピードが速かったり、血糖値が上がりにくい、ビフィズス菌が豊富で排泄がスムーズに行われる、などの理由が大食いのメカニズムであり、そのため太りにくいようです。

大食いのはじめ方

大量に食べられる人は、上記のような大量に食べ物を摂取することが可能な体質をしています。こういった体質を後天的に会得するのはほとんど不可能です。多少胃を大きくすることはできるかもしれませんが、その程度は知れていますし、消化不良などを起こして、肥満やそれに伴う病気を患ってしまうかもしれません。ですので大食いを趣味にして、それを武器にテレビや大会で活躍するフードファイターになるなら、これらの体質を兼ね備えた自覚を持っていなければなりません。食事は味わって正しく頂くのが一番です。

おすすめの記事