ドラム概要

ドラム概要は基本的に大小と異なる大きさの太鼓の組み合わせに、シンバルを追加した集合的な打楽器です。セットにより椅子に座ったり立ったままで演奏しますが、いずれの場合も両手に太鼓のヘッドを叩くためのスティックを使用します。

ドラムセットはジャンルによって使用する太鼓の組み合わせやサイズが大きく変わります。

ドラムの始め方

ドラムの始め方はまず基本的なセットを選ぶことになりますが、テクニックもスタイルもまだ未知な段階でジャンルを決める必要はないので、現在の自分の体に合った楽器を選んで基本的なテクニックを身に着けていくことが大事です。

ドラムセットは基本的にベース、スネア、タムタムの組み合わせにハイハットと呼ばれるリズムを刻む承継のシンバルと、ライドとクラッシュの二種類のシンバルを準備します。

基本のドラムセットはどのメーカーも大きな差はなく、バスドラムの後継や胴の深さなどに違いがありますが、椅子に座ってみてすべてのパートがカバーできるものを選択するようにします。

リズム感を養う

ドラムの練習はリズム感を養う訓練でもあります。最近では手数の多いフィル員などを多用したドラマーが人気ですが、これは基本的なテクニックが身についた人だけができる表現です。単純なビートしか刻めないから技術的に問題があるというようなことはありません。

ドラムの基本はリズムキープとバンド演奏のかなめである構成のガイド役も果たしています。随所で合図となるフィルを入れたりシンバルを叩いたりして、曲の進行をバンド全体に知らせながら牽引する役目を担っています。

ドラムはベースとともにバンドのリズムを支える重要な役割を持っているために、ドラムの店舗が曲のテンポを決めてしまうこともあります。このため曲の雰囲気を壊さないようなセンスも求められます。

ドラムの魅力

ドラムの魅力はバンドの花形である中心的な存在感です。ドラムがなければバンドは成り立たないというほどドラムは重要です。リード楽器はギターであれ、管楽器であれ様々ですが、バンドのリズムは基本的にドラムが支えるというは紛れもない事実です。

ドラムが混乱すると演奏も混乱して曲も成り立ちません。ドラマーであるからにはしっかりとしたリズムキープと、曲の構成をしっかりと把握しておくことが大事です。

ドラムはジャンルによって太鼓の選択が変わってきますし、シンバルなどの枚数や種類も組み合わせを変えることができます。ハードロックをはじめとするロック系の音楽の場合には低音が重要になり、さらに重低音を求めるプレイヤーもいます。

バスドラムの後継や胴の深さにこだわると、自分が求めている音を追及すrことができます。バスドラムは基本的にはシングルですが、複数のバスドラムを併用する場合にはツーバスのキットを選択するようにします。

バスドラムの連打は一見無意味なように思われますが、疾走感のある曲などの演奏には非常に効果的なビートを刻むことが可能で、独特な音圧で低音をカバーすることも可能です。

シンバルは非常に選択肢が多いパートですが、激しい音楽では数種類のクラッシュ系のものを使用し、裏打ちなどをする場合にはライドシンバルも不可欠になります。

ジャズなどの繊細な演奏をする場合、ドラムスティックをブラシと呼ばれる刷毛のようなスティックを使用することがあります。これによってスローな曲にさざ波のような効果を与えることができ、シンプルな曲でも非常に表情豊かな演奏ができます。

ドラムは方向性を決めると非常に奥の深い楽器です。ドラムはリズム楽器ですが、追及するとリード楽器以上の表現力を発揮できます。ドラムだけのオーケストラもあるように音楽を極めることに決めごとはほとんどないので、最終的には自分が自由な発想で演奏できることが大切です。

おすすめの記事