ダンス概要

ダンス概要は音に合わせて演じられる一連の動作のことです。ダンスには多くの種類があり、その人の個性や才能を活かして体で表現をする事で、見る人を魅了し楽しませてくれます。

ダンスの魅力は音に合わせながら体を動かすことで一体感を得られることです。一人で踊っていても音楽との一体感を感じる事が出来ますし、大人数で踊ればダンス仲間全員との一体感を感じられます。

ダンスの始め方・魅力

ダンスの始め方は色々ありますが、自分の生活スタイルに合わせてやりたい方法で始めると良いです。まずは独学で始める方法ですが、基礎が疎かになってしまいがちなので、ダンスの基礎から学ぶことが出来るDVDや動画などを活用して身に付けるようにしましょう。

また独学だと途中で挫折してしまうことが多く、練習を辞めてしまいがちです。そうなってしまわないためにも、練習の計画や大会へ出場するなどの目標を立てて、それに向かって毎日継続して練習をするようにしてください。

基礎練習を飛ばして一気に難しいステップに挑もうとするのは挫折の原因にもなります。もちろんモチベーションを保つために難しいダンスの動画などを見ることは良い事ですが、物事には順序がありますので急激なステップアップをしようとするのはやめましょう。

ダンスを始める時の注意点

ダンスを始める際に気をつけなければならないのが、自分がやりたいジャンルのダンスがどうかを確認する事も重要です。ヒップホップをやろうと思っているのにジャズダンスだったっていう事がないように気をつけてください。

ダンスを独学で始めるメリット・デメリット

独学を始めるメリットは、自分のやりたい時に練習ができて、スクール代や教材費などの費用がかからないことです。

その反面分からないことがあっても質疑応答ができないので、疑問が残ったままダンスに取り組むことになります。そのため間違った方法でダンスを覚えてしまう事にもつながってしまうので注意が必要です。

ダンススクールに通う

次はダンススクールに通う事です。色々なダンススクールがあり、さらに講師の先生も個人差があるためスクールに通う事で絶対に上達するとは言い切れません。

ダンスが上手でも教えるのが苦手な方もいます。そういったことを防ぐためにも体験レッスンに参加してどんな先生が教えているのかを確認するようにしてください。

体験レッスンだと通常の費用よりも安い価格で受けることができるので、自分が教えてもらいたいと思える先生に出会えるまで何軒も見る事ができます。

ダンススクールに通う事の良い点は、インストラクターの動きを間近で見る事ができて、動画などで見るよりもはるかに勉強になります。また分からない事があれば、その場ですぐに聞くことが出来るので上達も早くなります。

そして一緒に楽しい時間を共有する事が出来る事でダンス仲間が増えます。スクール以外の時間に集まったりして、練習にも身が入るようになります。

ダンスサークルに入る

インターネットの掲示板や、社会人の方が趣味でやっているダンスサークルに入るという手段もあります。

これだと気楽にダンスを始められる事が多いですし、お金もあまりかからないので、費用を気にする心配がありません。

ただし、入るサークルによってはレベルが低い場合もあるため、高いレベルでダンスを習いたいという場合に合わない事もあります。また練習場所の問題で、練習する環境が悪い場合もありますので気をつけてください。

次は少し勇気のいることなのですが、街中や駅前、公園など野外で練習している人に声をかけて見る事です。野外で練習しているダンサーは熱心に取り組んでいる方が多いので、上手に踊れる人ばかりです。

ダンスに前向きな姿勢を持っていると喜ばれる事も多いのですぐに仲良くなれて、色々な情報を教えてくれるようにもなる可能性があります。

 

おすすめの記事