ボルダリング概要

ボルダリングは、大きな岩を登るロッククライミングの一種です。より詳細に分類すると、ロッククライミングは2つに分けることができ、道具を積極的に使用しながら登る「エイドクライミング」と、道具は使わず自分の手足だけを使って登る「フリークライミング」に分かれます。

さらにフリークライミングは2つに分かれ、高さ5mほどの岩を登る「ボルダリング」、高い壁を登る「ルートクライミング」に分かれます。

ボルダリングの始め方

ボルダリングがどんなものかを知るには、実際にジムで体験してみるのが手っ取り早い方法ですが、なにもわからない段階でジムに行くのに抵抗を感じる方も多いでしょう。

そこでまず手始めに、「本」から入ってみることをおすすめします。ボルダリングを始める際に必要となる道具や、基礎的な登り方などの情報が学べます。またそれと合わせて動画サイトなどで実際のクライミングを確認してみることで、より具体的に本の内容がイメージできると思います。

ボルダリングに必要な道具

ボルダリングで必要となる道具は「クライミングシューズ」「チョークバッグ」「チョーク」ぐらいなもので、あとは動きやすい服装であれば、すぐにでも始めることが可能です

クライミングシューズは、滑りにくいよう靴底にラバーが使われているのが特徴です。これを足裏の感覚をつかむために靴下なしで履くこともあります。実際、レベルの高いコースほど、足裏感覚が大事になるため裸足で履く人が多くなる傾向があります。

チョークバッグは、滑り止め用のチョークを入れるのに使います。腰につけ、登っている最中などに必要に応じて使用します。

これら道具はボルダリングジムであれば数百円程度でレンタル可能ですので、道具を持っていない方でも気軽に始めてみましょう。

ボルダリングって筋力的な敷居が高そう・・・

ボルダリングは一見むずかしそうに見えますが、気軽に始めることができるスポーツです。全国にはボルダリングジムも増えてきており、ジム内での道具一式の貸出しもありますので簡単に始められます。

「ものすごく筋肉がいるのでは?」と考える方が多いですがそんなことはなく、実際ジムには小さいお子さんからお年寄りまで、痩せている人からぽっちゃり体型の方まで、それぞれのやり方でボルダリングを楽しんでいます。

筋肉をほとんど使わずに登れるように設計された「初心者コース」なども用意されていているので、初めての方でも全く問題ありません。

ボルダリングの魅力

ボルダリングの魅力は、挑戦する楽しさにあります。淡々と壁を登るものではなく、与えられたコースをどのように登っていくかを頭を使って考え、それを自分の身体を使い実行しながら、試行錯誤しクリアを目指すという、パズルゲームのような楽しさがあります。

ジョギングなどのように淡々と同じ動きを繰り返すのが苦手な人には、とくにピッタリのスポーツです。様々なレベルのコースが多数用意され、常に自分の実力に合ったコースが見つかります。

自分の力を最大限発揮しながらそれらをこなしていく中で達成感や成長が感じられ、楽しく続けていくことが出来ます。

一人でも大人数でも楽しめる

またボルダリングは「一人」でも「みんな」でも楽しむことができるスポーツです。ジムでは、仲間同士でワイワイと楽しむ人がいる一方で、誰とも話すことなく黙々と壁を登り続ける人もたくさんいます。

むしろ登り方を考えるような場面では、一人のほうがマイペースに行える分、集中しやすい面もあると思います。

もちろん大勢で楽しむこともそれは素晴らしいことですが、一人で淡々とチャレンジをするのもまた素晴らしいことです。それぞれ自身の性格に合った楽しみ方ができるのも、ボルダリングの魅力です。

おすすめの記事