バックパッカー概要

まず、バックパッカー概要として簡単に説明していきます。そもそもバックパッカーとは食料と水、必要最低限のものリュックサックに入れそれを背負い、ジャングルや山奥に入り、サバイバル生活をする人達や趣味の事を指していたようですが、今はバックパック一つで世界を旅してまわることを指す事が多いです。

バックパッカーは飛行機のチケットのみを用意して、予め旅の詳細は決めずに、行き当たりばったりで目的地を決めて自由な旅行をします。

多くの人はゲストハウス等の安宿と呼ばれるところに宿泊し、出来る限り旅の予算を抑える傾向です。

旅行の期間は人それぞれで1週間程度の短期旅行から長い方ですと何年も旅をする人まで、具体的な決まり事等はありません。

バックパッカーの始め方

バックパッカーの始め方としては、準備するものとしてパスポート、海外旅行保険、クレジットカードの申し込み、航空機のチケット手配、あると便利なものとしては電源変換プラグ、速乾性のタオル等海外旅行の持ち物とあまり変わりません。

キャリーバッグ等に荷物を入れるわけではないので、必要最低限で尚且つ軽量なものが常にリュックを背負うというバックパッカーのスタイルでは非常に重要になってきます。

バックパックの性能は大事!

その中でも特にメインのバックパックにはある程度求められる性能として、軽量、防水、荷物の出し入れがし易い、鍵が出来ること、丈夫なこと等です。

バックパッカー用に開発されたリュック等もあり、上からだけでなく横からも荷物の出し入れが出来て、鍵付きの防弾チョッキの素材で作られ、防水カバーまであるリュックも開発されています。

旅行する期間に合わせてリュックの容量を決めますが、日本人ですと45リットルサイズが大きすぎず、小さすぎず丁度良い大きさで人気があります。

経験を積むことが大事!

また道具以外でも海外旅行にある程度慣れ、日本と海外の違いを知り経験を積む事が大切です。海外に慣れてきたら次はホテルだけを予約して自由に行動する事に慣れましょう。

特にバスや電車での移動等はパック旅行等では経験出来ないので自分の経験値になります。特に最初は一人で行くのではなく、2人ペアで行けば安心です。ホテルだけを二人一緒にして日中は別行動などもバックパッカーの練習には良いかもしれません。

また行きたい国のガイドブックをよく読むことも大切です。何もわからない状態で行く熟練バックパッカーもいますが、やはり何も知識がないよりは最低限の知識を頭に入れておくと圧倒的に旅行が楽しくなります。

ネット検索も部分的な情報を調べる事には適しているのですが、バックパッカーの旅行でノープランの行動をするには全体的な情報を掴んでおくという意味でガイドブックをお勧めします。

また、日程は決まっているのである程度の行き先を大雑把で良いのでリストアップしておくといいです。

海外旅行に慣れてきたら最初は短期間のバックパッカーの旅をおススメします。航空券のみ購入し、宿も現地で自分で探し、移動も食事も全部自分で決定します。最初の旅は田舎ではなく都会や海外旅行者が多い場所で日本人が多く集まるゲストハウスなどを利用すると安心かもしれません。

バックパッカーの魅力

バックパッカーの魅力はやはり自由な旅とその旅で出会える人ではないでしょうか。自由な旅で自分の人生経験、判断力、コミュニケーション能力を鍛えられます。

また、ゲストハウスや現地での人との出会いは日常では味わえないバックパッカースタイルの旅の醍醐味といえるでしょう。

色々大変だと思う方もいるかもしれませんが、バックパック1つを背負って国内旅行に行く事から始めても良いのではないでしょうか。そうする事で本当に必要なものだけを見極め、荷物を背負い旅行をする事にも慣れます。気軽な気持ちでまずはバックパッカーを体験してみて下さい。

おすすめの記事