アロマテラピー概要

芳香療法と言われているものにアロマテラピーがあります。アロマテラピー概要を詳しく解説するとエッセンシャルオイルを使い病気や外傷を改善するための療法です。

心と体をケアできるものとして広く親しまれているもので日本でも定着しています。またムード作りの1つとしても使う事ができるので女性の間では人気です。

使用される精油は植物に由来するものが多く、生物活性が科学的に立証されているので必見といえます。

精油を使用した医療はヨーロッパやアラビアでは昔から利用しているもので伝統医学として知られているのが特徴です。

アロマテラピーの始め方

アロマテラピーの始め方に関しては精油を購入することから始まります。基本的に自分の気に入る香りを選択するのが望ましいので色々試してみるといいでしょう。

迷っているのならオーソドックスにラベンダーの香りから使ってみるのが良いです。これは鎮静作用や消炎作用のあるもので防虫効果まで期待できます。

ストレスを感じるときにはリラックス効果を得られるので現代社会にはうってつけのアロマテラピーです。販売価格に関しても比較的手に入れやすくどこでも売っています。

お手軽な使い方としては空気中に香りを漂わせる方法で芳香浴と呼ばれる作業です。アロマポットに精油を数滴落として下の部分から温める事により上記とともに空気中に舞うことが出来ます。最近はアロマデュフューザーと呼ばれる機器が販売されているので必見です。

内部にはタイマーが付属しているので使い勝手が良く役立ちます。連続運転可能でタイマーは数段階に切り替える事ができるものが多いです。

入浴中にリラックス

入浴中に使いリラックスするのもいいでしょう。少し熱めのお湯に入り精油の量は3滴ほど直接バスタブに落としてそのまま入浴する方法です。よくかき混ぜて入浴するとリフレッシュできるので一日の疲れを癒やしたいときに効果があります。

アロマテラピーの魅力(ブレンド)

アロマテラピーの魅力を語るうえで欠かせないのがブレンドです。1種類の精油を利用するのも良いですがブレンドすることでオリジナルの香りを楽しむ事ができます。

2種類や3種類と自分でブレンドすると思いがけない香りを作る事ができるのでクリエイティブな作業が好きな人におすすめです。

精油は発揮速度と呼ばれるものがあって、香りの始める速度となっています。持続する香りの時間も違うのでこれらを考慮して作るのが基本です。

上記の違いはノートと呼ばれる要素でトップノートが発揮速度が一番あると言われています。次にミドルノートで最後はベースノートです。

ブレンドするときには上記のノートのバランスが重要になるので知っておくといいでしょう。目安はトップが2でミドル2、ベースノートが1です。精油の香りは大きく別けて7つの系統に分類されるのが特徴となっています。大体同じグループに位置するものは相性が良いとされているので初心者は試してみると良いです。

柑橘系のものはハーブから摘出された物が多く男女ともに人気があります。初心者がアロマテラピーをするときには柑橘系が使いやすいです。

樹木の葉や枝から摘出されたものが樹木系のオイルで、リラックス効果が高いのが特徴となっています。

実際に精油をブレンドするときにはまずベースとなる精油から洗濯をするのが基本です。好きな香りを選ぶのも良いですが改善したい物があるときは目的にあったもの選択します。

料理スパイスでアロマ

ブレンドする精油を選択するときはノートを参考にしながら選択すると良いです。ちょっと変わり種のものとしてはスパイシー系の精油もあります。料理のスパイスとしても活用されているもので香辛料です。

刺激的な香りが多く健康効果のあるものも用意されています。上級者向けの内容なので慣れてきたら使ってみると良いでしょう。

「アロマテラピー」の動画一覧