スマートフォンアプリ開発概要

スマートフォンアプリ開発概要としては、オリジナルのスマートフォンアプリを開発していくことで、趣味としてはじめるなら教材として本や紹介サイトなどを参考にするといいかもしれません。

最初から完全なものはできないかもしれませんが、それも趣味の一環として楽しく、少しずつ実力がアップしていくのは面白いものです。

アプリ開発は老化防止にも役立つ!

技術的にも身に付きますし、常に頭と指先を動かすのは老化防止にも役立つので若者だけではなく、高齢層にもおすすめの趣味となります。

また販売することもできるので、上手くいけば一攫千金を狙うこともできるといった実益も兼ね揃えているので、何か新しいことをはじめたい人にはぴったりです。

スマートフォンアプリ開発の始め方

スマホアプリ開発の始め方として、準備するものはパソコン・Android Studio・Javaが必要になります。スマートフォンにはiphoneとandroidの2種類がありますが、日本国内で見るとiphoneユーザーが多いですが、世界で考えるとandroidユーザーが80%を占めています。

それゆえアプリ開発をはじめるならandroidの方が良く、将来的に販売まで目を向けた時により大きな儲けが可能となるはずです。そして準備を整えたら企画を考えて行かなければいけなく、流れとしては企画から始まり設計、そして開発といったものになります。

企画として大切なのは「どのようなアプリであるか」「誰が使うのか」「どんな機能で画面が必要なのか」が重要となってきて、収益を考えるならどこで販売するのかも考えておくと良いです。これらを企画段階で決めておけば後々まで役立つのでしっかりと考えておきたく、企画段階が重要になってきます。

アプリ設計

次に設計になりますが、アプリの画面設計図を作成して行くのですが、今はさまざまな役立つツールが出ていますので、使い勝手の良いものを見つければ、初心者でも手軽に作成することができるはずです。

そしてアプリの形がイメージできる画面設計図が完成したら、実際にアプリを作っていきます。Androidアプリは、「AndroidStudio」を使ってアプリの画面や機能を作り、具体的にはXMLで画面を作成、ソースコードを書いて正常な動作を行うのがポイントです。

上手く行けばお金になる!

スマホアプリ開発の魅力は自分でイメージするアプリを作り出せること、さらに上手くいけばリリースして利益につなげることができます。頭を動かし、指先で細かい作業をするのは老化防止にぴったりですし、需要を考えることで現在の人気をチェックするなど活動的になれるのもポイントが高いです。

プログラミングに関して最初は難しいと思われがちですが、一度学んでしまえば分かりやすく、今は役立つツールが多く出ているので積極的に活用すると良いものを作りやすくなります。

自分が欲しいと思ったアプリを作り出すのはもちろん、販売を前提に開発するのも面白く、実益を兼ねた趣味としてお小遣い稼ぎに利用している人も多いです。これから新しい趣味を持ちたいという人に、実益も兼ねられるスマホアプリ開発がおすすめになります。

スマートフォンアプリ開発の魅力

趣味が実益として儲けに繋がるのは嬉しく、そういった時におすすめなのがスマートフォンアプリ開発になります。難しそうに思えますが、最低限のプログラミングを知っていれば今は小学生でも開発できますし、高齢者でも取り掛かっている人がいて、実際にチャレンジしてみると意外と簡単にできるはずです。

スマートフォンアプリの魅力は複雑な内容であるよりもシンプルな方がよく、単純明快さが人気となる場合が多くなっています。

それだけにプログラミングも基本を学んでおけば可能となってきますので、まずは気楽にチャレンジしてみるのが良いです。

おすすめの記事