3Dコンピュータグラフィックスの概要

3Dコンピュータグラフィックス(以下、3DCG)は、コンピュータ上の3D空間内に立体的なグラフィックを描いていく技術です。

グラフィックというよりは、設計と言った方がしっくりくるぐらい、計算や専門技術が必要になります。

3DCGを描く上で専用のソフトウェアが必要になります。

3Dコンピュータグラフィックスの詳細

モデリングという作業では物体のカタチと質感を作っていき、レンダリングという作業で光の当たり具合を計算して実際の見た目を完成させていきます。

X,Y,Z軸の3座標を理解しながら制作していく必要があるので、計算が苦手な方や頭の中で立体空間を作るのが苦手な方は少し手こずるかもしれません。

しかし、グラフィックデザインが苦手な人でも簡単にリアルな作品を作ることができるのも3DCGの特徴です。

3Dコンピュータグラフィックスのはじめ方

3DCGソフトウェアが必要ですが、無料のものも多く存在します。
まずは無料のものを使って、3DCGに慣れ親しむことから始めてみましょう。
3DCGは紙に絵を描くというよりも、プラモデルを組立てていくようなものです。組立て方を理解した上でトライすれば簡単にリアルな作品が作れるようになります。

おすすめの記事