趣味と仕事は別物であり、前者は自分の好きな事です。後者の方はあくまで生活のために行う活動であり、もちろん仕事が得意で大好きな方々もいらっしゃいますが、基本的に大勢の人々は暮らすための手段として考えています。

趣味は仕事と違い何時間でも没頭できる

趣味の良いところは、良い意味で利益を度外視して動けるところです。大好きな事であれば、疲労もストレスも感じません。他の人からみると大変な事でも自分の趣味に合った活動なら文字通り何時間でも不眠不休で続けられます。

趣味をするにはお金がかかる

ただ趣味の難点はとにかくお金が掛かる事でしょう。楽器や釣り、漫画やアニメやゲーム、そして各種スポーツや芸術活動など、余暇を楽しく過ごせるのは有意義な事ですが、維持費が掛かり過ぎると生活に支障をきたしかねません。

お金がかかる趣味を、お金が入る仕組みに変える

趣味で得た知識を活用して、新しくビジネスを始めてみる、という選択肢があります。自分では大した事がないと思っている知識でも、実は他の人々からすると、プロ並のノウハウやハウツーだったりします。

それをSNSやブログなど、個人レベルで知識を発表出来る場で披露すれば自然と世の中の人々に注目してもらえます。業界のプロや関連するメディアの編集者に目をつけてもらえばライティングの依頼が飛び込んできたり、アイデアを活用させてもらいたいなどの依頼が来るかもしれません。

[hobby_card id="5420" name="セミナー"]

また芸術や音楽などで、我流で学んできた事をブログで公開すれば、同様の趣味をもつネットユーザーが集まってきますので、そこで関連するアイテムのアフィリエイト広告を掲載すれば、効率よく広告収入をゲット出来ます。

[hobby_card id="5720" name="陶芸"]
おすすめの記事