趣味には人となりが強く表れるものです。それはタレントや俳優として活躍している大泉洋も例外ではありません。公式サイトには乗馬にしようかと、という独特の言い回しが記載されています。もちろんこれは彼なりのジョークに過ぎません。

趣味で場を盛り上げる

多くの人に知られているのは、やはり料理でしょう。彼の出世作となったバラエティ番組では調理の不手際を詰る場面が続出しています。しかしあくまで場を盛り上げるために余計な手間を加えた結果であり、実際の腕前は中々だと評判です。

[hobby_card id="5988" name="料理"]

一流の人の味を確かめる

今後はこの趣味を活かした活躍にも期待できます。一方で優れた味を実現するためには、一流の料理に触れることも欠かせません。こうした背景もあり大泉洋が地元の名店を知り尽くしていることも周知の事実です。

北海道名物であるスープカレーの認知度向上には、彼の存在も一役買っています。自宅を東京に移した後も食べ歩きは続けており美味しい店を知る男としても有名です。これらの行動に鑑みれば料理というより、グルメそのものが彼の趣味といえます。

テレビは表現力の向上に繋がる

また大泉洋は幼い頃からテレビばかり見て育ったと述懐していることも見逃せません。それは彼の卓越した表現力に大きな影響を与えています。

さらに落語にも長らく親しんでおり、それが話術に見られるリズム感に寄与していることは間違いありません。まさに趣味は人格だけではなく人生そのものを構築するものといえます。大泉洋は面白い男というだけではなく、興味深い事を突き詰めてきた人物に他なりません。

[hobby_card id="5971" name="落語"]
おすすめの記事