家庭菜園

人気 始めやすさ
コスト 熟練性

家庭菜園の概要

野菜や果物を自分の庭や空き地、またはベランダで飼育することで、自給自足を楽しめる趣味です。
栽培時の楽しみや食べる楽しみを味わえ、またおサイフにも優しい趣味です。

家庭菜園の詳細

野菜により、種を蒔いてから収穫までの時間はいろいろです。
収穫時期を考えて栽培すれば、1年を通して収穫を楽しむことができます。
土や肥料、育て方に工夫をすればおいしい野菜が育ちますが、油断をすると上手く育たないこともあります。
同じ種類を育てているとうまく育たないことが多いので、いろいろな種類の野菜や果物を育てましょう。

家庭菜園のはじめ方

その時期にあった野菜の種をスーパーなどで購入し、土と肥料を用意して育てます。
二十日大根は真夏以外であればいつでも育てられ、すぐに収穫できるので初めての方でも簡単に栽培できます。
ゴーヤ、カブ、チンゲンサイなども育てやすく、初心者向きです。
育てやすい野菜からはじめ、慣れてきたらほかの野菜にも挑戦していきましょう。

家庭菜園の体験談

私の今取り組んでる趣味はベランダ菜園です。
庭や畑での家庭菜園をしたかったのですが、アパート住まいなので、出来る範囲でベランダ菜園を始めました。
最初は、簡単なハーブ類を鉢植えで買ってきて、楽しんでいました。
バジル、ミント、コリアンダー。どれも料理でよく使うものです。スーパーで生のハーブ類は意外に値段が高いので、自家製で経済的です。
バジルとかは伸びるのも早く、切っても切ってもどんどん伸びてくるので、バジル料理を考えるのが間に合わないくらいです。
時期が過ぎた後は、種を収穫して、次のシーズンに種から撒いて育てています。
それと、唐辛子も始めました。こちらも最初はぐんぐん伸び、実も沢山なったのですが、急に虫がつき始め、どうしていいか困りました。口に入るものなので、殺虫剤とかは使いたくないし、でも、色々探すと使えそうなのもあるので、ホームセンターの人に教えてもらいながら使っています。
自家製の唐辛子で作る、タバスコソースは最高です。
手入れはしないといけませんが、自分で育てたものは安心だし、格別美味しいです。

投稿者:Lさん

私は夫婦で花屋をやっています。
私も妻も、花や園芸がもともと好きだったので、この仕事を始めました。仕事にしてしまうと純粋な趣味として楽しむことが難しくなるとよく聞きます。
しかし園芸は、仕事にしてからも変わらない2人の趣味なのです。店を始める前は園芸店で好きな苗や鉢花などを買っていました。店にたくさんの植物がありますが、それはあくまでも売り物。そこは公私のけじめをきちんとつけています。
ですから、今ベランダで育てているものはほとんどが、店で売れ残ったものです。植物は「旬」がありますから、花の時期が終わってしまったり、状態が悪くなって売り物にならなくなったものは処分せざるをえません。
その中で「これ、育ててみようか」と夫婦で相談して、家に持ち帰るのです。これは実は趣味と実益をかねています。というのは、そうしてベランダで育てた植物がうまく成長して良い状態になれば、また「商品」として店に出すことができるからです。

投稿者:Fさん

講座・教室・レッスン


スポンサードリンク

関連趣味

癒やし効果はピカイチ。 ずっと眺めていられる、インテリアにも良いペット。
比較的簡単に育てられる品種も多く、毎日が楽しくなること間違い無しです。