音楽鑑賞

人気 始めやすさ
コスト 熟練性

音楽鑑賞の概要

音楽には様々なジャンルが存在し、それにより思想や感情表現の傾向や利用される楽器なども違ってきます。
大まかなジャンルでいえば、クラシック音楽、ポピュラー音楽、民族音楽が有名です。
自分がより共感できるジャンルを見つけ出し、その中からさらにお気に入りの曲を探しましょう。

音楽鑑賞の詳細

耳でのみ行うことが音楽鑑賞ではありません。
ベタな言葉でいえば、心で聴くことも音楽を楽しむ秘訣です。作者が何を伝えたいのか、どのような背景があってこの音楽が生まれたのか、そういった想いを巡らせることで、より音楽の深みに入っていけるはずです。
また、音楽学や音楽理論などを通して、音楽をより学術的に考察していくのも音楽鑑賞の醍醐味といえます。
鑑賞だけではなく、作曲や演奏にも触れることで、音楽の世界を広げることもできます。

音楽鑑賞のはじめ方

まずは、好きな曲を探すことから始めましょう。
そして、そこから自分の興味のあるジャンルを見つけることで、広い分野での興味を見つけることができます。
たとえばJ-POPであっても、その曲がどのような詳細のジャンルに分類されるかによって、自分が好きな音楽の傾向が分かってきます。
理論派の人は、音楽学や音楽理論から入ってみるのも面白いかもしれません。

講座・教室・レッスン


EPARKスクール
スポンサードリンク

関連趣味

心地よい高音を奏でる管楽器。 その音域はメロディを奏でるのに適しています。
両手片足を用いて、リズムに表情を持たせよう。
音楽とダンスを取り入れた演劇。 歌とストーリーの両方を楽しめる趣味。
小さく安価で手頃な楽器。いつでもどこでも音楽を奏でられます。
自分の好みのジャンルのものを聞いていつでも好きな時に口ずさんでみましょう。
1990年ごろからの韓国のポピュラー音楽を総称してK-POPと呼ぶようになりました。
音楽の基礎学力を身につける趣味です。