競技かるた

人気 始めやすさ
コスト 熟練性

競技かるたの概要

小倉百人一首を用いて、どちらが多く取れるかを競う、かるたの競技です。
ルールは単純で、老若男女問わず誰でも楽しむことができます。
瞬発力や記憶力が重要で、畳の上の格闘技ともいわれています。
毎年行なわれている競技かるたの日本一を競う大会で優勝者は名人、クイーンと呼ばれています。

競技かるたの詳細

100枚の字札から50枚を使います。
場に並べられるのは下の句の書かれた字札で、読まれるのは上の句なので、まともに戦う場合は百人一首を暗記する必要があります。
実際には、「決まり字」と呼ばれる上の句の最初の数文字を覚えて、それを下の句の札と結びつけることが重要になります。
百人一首の記憶と、試合の時には札の場所の記憶、そして読まれる歌を聞いてすぐに反応して取る瞬発力は、脳の活性化につながります。

競技かるたのはじめ方

全国にはたくさんのかるた会が存在しているので、まずはそこに入会してみるのがオススメです。
かるた会紹介」このページでは全国のかるた会が紹介されています。
決まり字を覚え、早く取れるようになれば大会にも参加してみましょう。

講座・教室・レッスン


スポンサードリンク

関連趣味

文字を書くというのはとても身近で、ゆったりとした時間の流れを感じながら楽しめます。
ラジオやアンプ、ロボットなどを製作して楽しめる。キット等を購入することで、初心者でも簡単に...
好きな絵柄のものを組み立ててもよし、飾ってもよしの優れた遊びです。
日本経済に詳しくなれる、ハマりすぎ注意の投資趣味。
通信技術を使って仲間との対話を楽しむ、マニアックな趣味。
経済の知識も身につく投資趣味。 ハマりすぎ注意。
自分と向き合い自分を高める、社会の役に立つ趣味。
先人たちの知識や教養を数時間で身につけることのできる趣味。