水石鑑賞

人気 始めやすさ
コスト 熟練性

水石鑑賞の概要

水石鑑賞とは、日本ならではの奥ゆかしい趣味の一つで、室内で石を鑑賞するのが目的です。自然の石を台座において、その姿形を心行くまで味わいます。
南北朝時代から始まったと言われている程の歴史がありますが、水石と呼ばれるようになったのは明治時代後期から大正時代にかけてですから、その点ではようやく知られ始めてきたと言ってもいいでしょう。

水石鑑賞の詳細

鑑賞される石は、様々なものに見立てられます。山の姿や、海にある大きな岩、そして時には滝を連想させるような石、家を石に見立てるなど、鑑賞にもコツがあることが分かります。
拾ってきた石などでも、育てていく事で水石鑑賞にも耐えうる名石となっていきます。長い年月をかけて育てていく事を養石といいますが、それを行っていくのも愛石家の楽しみとなります。
水石鑑賞は、石そのものと組み合わせる台座をどうするかを考えて、一つの世界観を作りこんでいくのが楽しみだと言えます。

水石鑑賞のはじめ方

水石鑑賞を始めようと思ったら、まずは石を探してくることから始まります。これは探石とも言われています。最初のうちはどんな石を選べばいいのかも分からないかもしれませんが、心が引かれるものを手に取りましょう。雑誌などもありますし、それらを参考にしてみてもいいでしょう。
探してきた石は風雨にさらして育てる養石を経て、台座を選んで鑑賞を楽しみます。水石は床の間で鑑賞するのが基本ですから、ゆっくりと落ち着いた場所において全体の雰囲気を眺めて石の作る世界を楽しんでみて下さい。

講座・教室・レッスン


EPARKスクール
スポンサードリンク

関連趣味

花や木など植物に由来する芳香成分を用いて、心身の健康や美容を増進できる、自分以外にも嬉しい...
花や木々を育て、庭を彩る癒やしの趣味。 大きな庭がなくても、ベランダや窓際でも楽しめます。
自分で育って自分で食べる。 食の恵みに感謝できる趣味。
自然の中で遊び学ぶ、アウトドアの定番
癒やし効果はピカイチ。 ずっと眺めていられる、インテリアにも良いペット。
場所や餌によって千差万別の楽しみ方がある、マリンスポーツ。
バイクで風を切りながら、目的地を目指そう。
情けは人の為ならず。 人の笑顔のために、そして何よりも自分のために行う慈善活動。